ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

コアとなる3つの技術で、
お客さまのさまざまな課題を解決します

人やモノを認識して記録する技術と、監視カメラや入退室管理システムなどの各種フィジカルセキュリティデータを一元的に見える化する技術とを組み合わせることよって、企業のセキュリティ向上と業務最適化をサポートします。

AI・映像解析技術

日立のAI技術を活用し カメラ映像を解析することで、人物の性別、年齢、服装の種類・色など さまざまな特徴の抽出や人の流れ(動線)、人数のカウントなどの状態を「見える化」できます。

フィジカルセキュリティシステム

防犯カメラシステムやICカードや指静脈認証を活用した入退室管理システム、車両ナンバープレート認証による車両入退場管理システムなど、お客さまのエリア重要度に応じたセキュリティシステムをご提案します。

フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム

防犯カメラや各種センサ、生体認証やカラーバーコード認証などのセキュリティシステムのデータや機能を一元的に収集/蓄積/分析します。各種機能プラグインにより扱うデータや解析機能を簡単に拡張できます。

導入のメリット

導入のメリット1
セキュリティの強化

例えばこんな課題を解決します

お客さまのセキュリティレベルに合った防犯カメラシステムや入退室管理システムの導入により、犯罪抑止・防止や企業内の内部統制に貢献します。さらに、膨大なカメラ映像に対し、AI・映像解析を用いることで不審人物などの特定人物の早期発見・解決を支援します。

防犯カメラ映像から目視で特定の人物を発見・追跡するのに時間がかかる

人物特徴を入力し高速に検索できる

顔の写っていない人物の映像から対象人物を特定するのは困難

人物特徴を利用しているので、顔が不鮮明な特定人物の後ろ姿の映像も検索できる

高速人物発見・追跡ソリューション

導入のメリット2
品質管理・生産性向上

例えばこんな課題を解決します

防犯カメラなどの映像から、個別に識別した人・モノの動線を見える化し、いつ、だれが、どこで作業を行ったかを把握することで、セキュリティ強化はもちろん、作業効率や品質改善を支援します。

作業トレースソリューション

導入のメリット3
管理者の運用コスト軽減

例えばこんな課題を解決します

ID情報を統合管理し、入退室管理、防犯カメラ、PCログオンなどのセキュリティシステムや人事勤労システムなどさまざまなシステムと連携することで、セキュリティ強化や管理・運用コスト低減を支援します。

  • 社員の異動や組織変更の際に、ID発行漏れ、削除漏れが起きている
  • 拠点ごとにバラバラのICカードや入退室管理システムを統合管理したい

一元化管理!
ID統合管理ソリューション

お問い合わせはこちら

製品の機能、仕様、導入方法、価格など
なんでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

施設別
CASE STUDY

工場・公共施設を中心に、さまざまな施設で導入いただいています。

よくあるご質問

なぜ、セキュリティ強化と課題解決が一緒にできるのですか?
セキュリティは秘密を守ることを主にしています。
そのため防犯カメラによる映像記録や関係者以外の入室を禁止する入退室管理を行いますが、
カメラ映像や出入り記録(履歴)は十分な活用がなされておらず、
証拠として記録を取っているに過ぎませんでした。
本ソリューションでは、各拠点に設置してあるセキュリティシステムから得られるデータを
収集・蓄積・解析することで一元的に見える化することができます。
これにより、ヒトやモノの動線・動作・状況を分析することで現場の課題を明確化し、
解決に結びつけます。
一度にすべてのシステム導入はできない!どうすればいいですか?
防犯カメラシステムや入退室管理システムなど小規模システム構成からスタートも対応できます。
フィジカルセキュリティ統合プラットフォームにより、お客さまのご要望に沿った
段階的なシステム拡張、映像解析技術の組込みが可能です。
お客さま既存のシステムへの適応についてもご相談可能です。
納入実績はありますか?
複数の製造業で、多拠点製造における製品品質の差を改善する取り組みを行っています。
作業者の行動を映像解析技術で分析し見える化することで、従来把握が困難であった
現場の状況の可視化を実現し、お客さま課題の発見に貢献しております。
また、ヒトだけでなく、モノを対象としたAI画像解析技術を使った製品検査も実用化しています。
お問い合わせはこちら

製品の機能、仕様、導入方法、価格など
なんでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。