ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

研究・設計向け CAE受託解析サービス

最適化CAEソリューション

最適化CAEソリューションは、構造解析、流体解析、電磁場解析で構築したモデル形状や境界条件をパラメータとして、 繰り返し計算を行うことで、目的に合った最適な状態を探し、製品開発の設計支援をサポートします。

最適化CAEソリューション イメージ図

最適化事例

電子機器筐体における空気の入口および出口の位置をパラメータとして、ヒートシンクの温度上昇を最も抑える体系を探査した事例です。
初期体系の空気は、4つの独立した入口から流入し、ヒートシンクやその他部品周りを通って出口へ流出します。 ヒートシンク温度が最も下がる最適体系は、30数回のパラメータ変更により、入口がヒートシンク近傍の1ケ所に集約され、 出口が入口から最も遠い位置であることを導き出しました。
最適化CAEソリューションでは、目的に合った最適な状態を探査し、設計支援をサポートします。

最適化事例 イメージ図

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる