ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

研究・設計向け CAE受託解析サービス

電磁場解析

電磁機器を対象に、形状の作成、定常時・過渡時の磁気特性をモデル化し、CAE解析を行うことで、磁束密度分布などを可視化し、分析・予測します。
解析ノウハウと計算機の発達で、三次元大規模モデル(10万メッシュ)でも短時間で解くことが可能で、高精度のソリューションを提供します。

解析タイプ

  • 静磁場解析
  • 交流定常解析
  • 過渡解析
  • 非磁性面要素解析
  • モータ解析

解析事例

【事例1】コイルに直流電流を通電した鉄芯の磁束密度分布を計算した解析

【事例1】コイルに直流電流を通電した鉄芯の磁束密度分布を計算した解析

左図上段は、コイルを計算メッシュとして独立して定義した例です。
鉄芯周りの空気領域を無限境界とすることで、モデル容量を大幅に削減することができ、大規模で複雑な形状にも対応可能です。
右図下段は、鉄芯に発生する磁束密度を色とベクトルで可視化したもので、十分な磁力が得られているかを分析・評価します。

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる