ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

研究・設計向け

CAE受託解析サービス

研究・設計向け CAE受託解析サービス

CAE解析の豊富な経験とノウハウを活かして、「お客さまのモノづくり」の課題解決をサポートします。

特長

CAE解析の専門エンジニアによる解析・評価サービス

CAE解析はツールを使いこなすだけではなく、熟練エンジニアの知識とノウハウが必要です。
当社の研究・設計向けCAE受託解析サービスは、日立の製品開発にも関わった経験豊富な専門エンジニアが対応しますので、製品開発に有効な解析結果を提供します。

CAE:Computer Aided Engineering

解析・評価サービス イメージ図

CAE解析・評価サービス内容

・CAEソリューションの提供 ・解析モデル作成 ・解析結果の評価 ・製品開発支援
・製品トラブル対策支援 ・構造最適化支援 ・解析システムの構築

利用のメリット

解析環境の整備(解析ソフトや計算用マシンの導入)やノウハウ蓄積を行うことなく、構造解析、流体解析、電磁場解析による製品の評価をすぐに行うことができます。

お客さまのニーズに応じた解析に対応

当社の研究・設計向けCAE受託解析サービスでは、構造解析(構造−熱連成解析)、流体解析(流体−熱連成解析)、電磁場解析(電磁場−構造 連成解析)を提供します。
また、問題点の抽出から問題解決までの一連のプロセスにおいて、お客さまのニーズに応じ、タイムリーかつ製品開発に有効なサービスを提供します。

研究・設計向け CAE受託解析サービスの流れ イメージ図

解析タイプ

構造解析(構造−熱連成解析)

構造物に外力が加わったときに、どの程度変形するか、あるいはどの程度の応力が発生するかをCAE解析で分析・予測します。

流体解析(流体−熱連成解析)

流体の流れや熱移動をモデル化し、CAE解析を行うことで、流動状況を可視化し、分析・予測します。

電磁場解析(電磁場−構造連成解析)

電磁機器を対象に、形状の作成、定常時・過渡時の磁気特性をモデル化し、CAE解析を行うことで、磁束密度分布などを 可視化し、分析・予測します。

最適化CAEソリューション

構造解析、流体解析、電磁場解析で構築したモデル形状や境界条件をパラメータとして、繰り返し計算を行うことで、 目的に合った最適な状態を探し、製品開発の設計支援をサポートします。

最適化CAEソリューション イメージ図

主な適用実績

当社の受託解析は、プラント設備や輸送機器など、幅広い分野をカバーしています。

  1. プラント設備(原子力、火力、ガスタービン):運転状況に応じた解析により、負荷に対する耐性を評価
  2. 一般機械・機器:製品強度の解析により、健全性を評価
  3. 輸送機器:使用環境に応じた解析により、製造前に問題点を把握
  4. 環境:排熱、排煙の解析により、環境への負荷を低減
  5. 医療機器:機器形状の最適化により、精度を向上
  6. 電気・電子:電磁場の解析により、製品性能を向上
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。