ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

座屈検査機

導入のメリット

(1) 軽量缶(薄型)化で懸念されるリンサーツイスタ工程やガイド接触起因の座屈缶発生リスクを排除します。

(2) 座屈発生個所の特定が容易となり、ラインへの対策、フィードバックを迅速化できます。

特長

(1) パック包装直前で缶胴部の座屈を検出 (座屈不良、へこみ、スジなど)

(2) 缶のデザインに影響を受けず、多様な缶の検査に対応 (特許出願中のストライプ型特殊照明装置を採用)

(3) 缶サイズによる物理的な型替えが不要

(4) 不良特徴と微小水滴を分別するアルゴリズムで良品ムダバネを最小化

座屈検査機処理画像例
座屈検査機処理画像例

高さ方向の検査範囲
高さ方向の検査範囲

円周方向の検査範囲
円周方向の検査範囲

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
閉じる