ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

巻締検査機の写真

導入のメリット

  1. (1)検出困難なスローリーク缶を全数検査可能
  2. (2)スローリーク缶対策の設備と確認時間を大幅に削減
    また、反転機構が不要となり正立搬送が可能で反転保管も不要
  3. (3)フランジ検査とのペア導入で、巻締不良を高精度に検出
  4. (4)ライン稼働率を改善・向上させるフィードバックモデルを実現可能

導入のメリット:サイクル
導入のメリット:サイクル

特長

  1. (1)検査項目
  2. 舌出し、足出し、疑似巻締、スローリーク

  3. (2)巻締検査に加え、疑似T寸法検査が可能
  4. これによりさまざまな不良項目に対応しより精度の高い検査ができます。

  5. (3)缶のデザインに影響を受けないため多様な缶ラインに対応

巻締検査画像
巻締検査画像

擬似T寸法検査画像
擬似T寸法検査画像

検出可能な不良例
検出可能な不良例

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
閉じる