ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

Linux搭載コンピュータのメリット

日立 産業用コンピュータ

HF-W/LXシリーズ

Linux搭載 産業用コンピュータのメリット

Linux搭載 産業用コンピュータの強み

コンピュータシステムでは思わぬタイミングで障害が発生し、原因究明や復旧作業、それに責任者をはじめとする関係者への説明に多大な時間を費やすことがあります。
オープンソースであるLinuxを利用することで公知の膨大な知識が活用できますので、不具合の原因がOSの場合に障害の解析・解決に役立てられます。

また、製品自体の寿命やディストリビューターのサポート期間も「最長12年」と長期であるため、より安心なサポートを受けることができます。

社会インフラなどで長期安定稼働している実績があり、「長期保守」と「オープンソース」であるLinuxが、皆さまのお役に立ちます。

コラム:Red Hat® Enterprise Linux® 採用の理由

「WorldWideで実績世界一」
Red Hat® Enterprise Linux® は企業用のLinuxの標準となっており、日本や欧米の主要証券取引所や投資銀行などのミッションクリティカルなシステムから、Webやメールシステム、クラウドコンピューティングやビッグデータの利用など、 さまざまな用途で利用されており実績があります。
そんなオペレーティングシステムだからこそ、当社も採用しています。

Linux搭載 産業用コンピュータの利用シーン

多種・多様化する社会。
インフラシステムに求められる「安定供給」、そして「安定稼働」を実現するHF-W/LXとHF-BX・BT/LXシリーズが役立ちます。 ぜひご検討ください。

社会インフラにおける、Linux搭載産業用コンピュータの利用

シリーズラインアップ

HF-W/LXシリーズ

HF-BX・BT/LXシリーズ

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる