ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

二重化システム

日立 産業用コンピュータ

PC2台を直結した仮想化技術によるフォールトトレラントシステム*を実現

* 構成部品の一部が故障しても正常に処理を続行するシステム

機能と特長

  • 仮想環境での冗長化を実現、冗長化構成を意識しないシステム構築が可能
  • メモリ、ディスクを常に同期化しているため、障害発生時での無停止運用が可能
  • 仮想環境を用いることにより既設システムを容易に移植できTCO*の削減が可能

* ハード・ソフトの導入費用、運用後の維持費・管理費・人件費を含む、システムの総所有コスト

機能と特徴 イメージ図

運用レベルに応じて可用性モードの選択が可能

システムの運用レベルに応じて、2つの可用性モード(FTモード、HAモード)を仮想マシン単位に構築することができます。また、両モードの共存も選択可能です。

FTモード

信頼性を優先し、無停止運用を実現します。
ゲストの処理を止めず、ノード間を移動し動作を継続することが可能です。

FTモード イメージ図

HAモード

フェールオーバー(ゲストOSの再起動)を許容する代わりに、パフォーマンス維持と動作リソースを節約します。

HAモード イメージ図

適用事例

製造工場ラインの物品在庫管理システム

システムの特長

  • 2つの異なる生産ラインの在庫管理サーバを同じ仮想環境に集約
  • 従来シングルサーバで稼働していた環境をそのまま仮想環境に移行することができ、
    システム改修コストの削減、信頼性向上を実現

システムの特長 イメージ図

運用方法に応じた2つの製品

システムに求められる稼働環境条件や、運用方法に応じた2つの製品をラインナップ

二重化システム ラインナップ
HF-W7550 ztC Edge
長寿命産業用PCベースに
RAS*機能を実装した高信頼モデル

* Reliability(信頼性)Availability(可用性、稼働性)Serviceability(保守性)

簡単な操作と耐環境性に優れた
小型ファンレスモデル

HF-W7550 イメージ図

ztC Edge イメージ図

ztC Edge シングルノードモデル

冗長環境を必要としない場合でも仮想環境を手軽に利用いただける製品として、単体動作可能なztCEdgeのシングルノードモデルを提供します。

  • 二重化システムと同機能の高信頼仮想基盤を手軽にご利用いただけます。
  • ノード追加を行うことで、二重化システムにアップグレードすることが可能です。
  • 無音動作しますので、オフィス内など静音性が求められる環境にも設置可能です。

シングルノードモデル イメージ図

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる