ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

KNIME

AI&ビッグデータ ソリューション「AiValueUp」

ビッグデータ ソリューション・イメージバー

概要

KNIME(KNIME Analytics Platform)は、ドイツのコンスタンツ大学で作られたデータ分析のオープンソースソフトウェアソフトです。

ノードと呼ばれる機能を線でつなぎ合わせることでデータ分析のためのさまざまな処理を実現します。

当社で提供しているデータ分析セミナも標準ツールとしてKNIMEを使用しています。

概要図

KNIMEにできること

加工 データの読み込みや結合、行や列の整形、ファイルやDBへの書き出しなどが可能です。
集計 グループ単位でサマリを集計して、最大、最小、平均、標準偏差など、さまざまな統計量の計算が可能です。
可視化 散布図、折れ線、棒グラフ、箱ひげ図など、多くの可視化機能が用意されています。
モデリング 決定木や回帰、クラスタリングなど基本的なものをはじめ、さまざまなモデルを搭載しています。また、Pythonなど他の多くのオープンソースのデータ分析ツールとの併用も可能です。

他にも2,000を超えるノードが用意されており、それらを活用することでさまざまな分析が行えます。

KNIMEの特長

オープンソースであり無償で利用可能

  • オープンソースとして提供されているため、どなたでも無償で利用することができます。
  • KNIME Analytics Platformからスタートしたあとも、分析プロジェクトの拡大に応じて有償であるKNIME Serverと連携させてスケールアップも可能です。

簡単操作

  • 画面でノードを配置、接続していくだけで分析を行うことが可能です。

分析の見える化

  • 分析機能がすべてノードおよびアイコンとなっているため、分析の過程をビジュアル的に把握し保存することが可能です。

画面イメージ

ワークフロー

データ入力からモデリングまでの処理の流れ

全体の画面イメージ

散布図

項目の相関関係を発見
プロットされるデータはラベルごとに色を分けることができます。例えば、男女別や、製品別に散布図で傾向を見るといったことが容易に可能となります。

相関グラフの画面イメージ

決定木分析

有効な条件を発見
例えば製品の故障条件を抽出したい場合には決定木分析が役立ちます。木構造のモデルから論理式の形式で目当ての条件を抽出できます。

決定木分析の画面イメージ

KNIMEの技術情報

KNIMEを使用するための技術情報を無料で公開しています。皆さまの学習のサポートにご活用ください。

日経XTECHラーニング

KNIMEを使ってデータ分析の手法を初心者にもわかりやすく解説する日経XTECHラーニング「無料ツールで始めるデータ分析入門」が公開されています。

インストールからデータ分析の具体的な手順も解説しています。

KNIMEチートシート日本語版

KNIMEが公開しているチートシートを日本語化しました。

KNIMEワークフローの作り方 ビギナー向け

KNIMEの始めかたや基本的なノードの説明を紹介しています。KNIMEビギナーの方におススメのチートシートです。

KNIMEチートシートforビギナー

お知らせ

2020年5月28日:KNIMEチートシート公開「KNIMEワークフローの作り方 ビギナー向け」

KNIMEが公開しているチートシート「KNIMEワークフローの作り方 ビギナー向け」を公開しました。 KNIME使用の際にご活用ください。

2020年1月28日:【ニュースリリース】KNIMEと日本でのデータサイエンス活動を促進させる取り組みを共同で開始

日立産業制御ソリューションズとKNIMEは、日本でのデータサイエンス活動を促進させる取り組みを共同で開始することを発表しました。今後、データ分析セミナー「AiValueUp for workshop」にKNIMEのプラットフォーム固有のノウハウが提供されます。

2019年12月2日:日経XTECHラーニング

当社データ分析セミナ講師が解説する日経XTECHラーニング「無料ツールで始めるデータ分析入門」が公開されました。

KNIMEを使ってデータ分析の手法を初心者にもわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。