ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

ビッグデータ ソリューション・イメージバー

AiValueUp

AI活用でビックデータ分析を行うには準備が必要

「AiValueUp」のご紹介

近年、「人工知能(AI)解析による問題解決」が注目されています。
IoTによるセンシング、機械学習、ディープラーニング、ビッグデータ解析など、さまざまな手法が研究されて花開きつつある技術ですが、安易に『とにかくすべてのデータを放り込めば、思いもよらなかった素晴らしい課題解決ができる』という万能感だけがもてはやされている面もあります。
せっかく収集したビッグデータを活用するためには、有効な解析を行うための準備である”データを磨く”ことが必要となります。
当社は、この”データを磨く”ための技術を「AiValueUp」と呼び、さまざまな観点や経験、それに論理的な根拠に基づく加工を行うことで、AIなどの分析に最適なデータに磨き上げることを可能としました。

  • 「AIを利用したが、思ったような結果がでない」
  • 「データをどのように分析すればよいかわからない」

そのような課題を解決するために、豊富なノウハウと実績に基づくAiValueUpを、ぜひお試しください。

AiValueUpとは

IoTから収集される非構造のビッグデータは、単なる測定値の羅列に過ぎないことが多く、そのまま分析に掛けても期待する成果が得られることはまずありません。
せっかく収集したビッグデータを活用するためには、有効な解析を行うための準備である”データを磨く”ことが必要となります。
当社は、この”データを磨く”ための技術をAiValueUpと呼び、さまざまな観点や経験、それに論理的な根拠に基づく加工を行うことで、AIなどの分析に最適なデータに磨き上げることを可能としました。
豊富なノウハウと実績に基づくAiValueUpを、ぜひお試しください。

AiValueUp イメージ

IoTのデータは汚れている

データの爆発的な増加と、機械学習の進化を背景に、さまざまな企業でAIをより身近に活用できるようになってきました。
しかしながら、実際のAI活用の現場では、検証に時間がかかる・想定よりも効果が少ない・システムの運用費が高いなど、活用に対する悩みも多い状況です。
これは、AIの活用領域が製造業や社会インフラの保全などまで拡大したことで、各種センサーや設備の運転・保全データといったフィールドデータ の活用が求められていることに起因しています。

従来の分析対象であった社内システムなどの情報システムに格納されたITデータに比べ、
センサーや運転データなどIoTから取得されるフィールドデータは、生のままであり、汚れた状態となっています。

そのため、フィールドデータをAIに活用するには、まずはじめにデータの価値を高めるAiValueUpが必要となるのです。

AiValueUp イメージ

AiValueUpサービスのご紹介

AiValueUpは、データ活用を行うすべての取り組みに共通する「IoT時代のデータ前処理」を支援するサービスです

AiValueUpサービス

AiValueUpサービスのメニュー

AI活用テーマアップ

AI活用テーマアップ
AiValueUp for facilitation

お客さま内の検討チームメンバの初期教育、検討会の標準的な進め方、AI活用ワークシートなどを提供し、当社のデータアナリストがスムーズな検討会の進行をサポートします。

サービス詳細はこちら

データ検査

データ検査
AiValueUp for data audit

現時点の保有データの状態と分析の方向性をレポートするサービスです。データの構成や基礎統計量、データの状態を確認・可視化し、今後の分析に向けた対応の方向性を、短期間(1ヵ月間)でレポートします。

サービス詳細はこちら

データ分析セミナ

データ分析セミナ
AiValueUp for workshop

講師は実案件を担当するデータアナリストであり、実際の案件経験に基づく濃い質疑応答ができます。実業務に基づくオリジナルケーススタディにて、データ利活用プロジェクトを疑似体験することができます。

サービス詳細はこちら

学習データ最適化

学習データ最適化
AiValueUp for machine learning

学習データ最適化は、AIの精度を向上させるために学習データを見直すサービスです。
現在の学習データを提供いただくことで、当社のデータバリューアップ技法を用いて、お客さまの業務内容を確認しながら、特徴のあるデータを生成したり、AIの精度を下げるデータを除外していきます。画像データを活用する際は、学習データを増量するバリューアップ技法や特徴が抽出しやすい加工を用い、AIの精度を向上させます。

オンラインサポート

オンラインサポート
AiValueUp for online

オンラインでデータアナリストに実作業を相談できるサービスです。通話や画面共有などによりきめ細やかなサポートを行います。

サービス詳細はこちら

データバリューアップ

AiValueUp
トータルサポート

上記メニューの内容を含め、AI・ビッグデータ利活用におけるさまざまな対応を、当社データアナリスト・データエンジニアがサポートします。進め方の支援、課題の抽出・検討、課題に対する最適なツール選定、AIの精度を向上させるデータ前処理、分析・モデル構築/再構築、現場展開 など、訪問形態や駐在形態にて対応します。

導入実績

主な実績(例)

分野 収集したビッグデータ

成果(課題解決)
製造/流通 半導体製造データ、機器センサー、
設備機器、設備稼働ログ、
保全データ、消費者動向、
カード会員情報、コールセンタ問合せ、
臨床試験データ など
・生産性向上
・品質向上
・顧客満足向上
・予兆診断
社会/公共 運転データ、センサーデータ、
電子レセプト、火災統計情報、
座席予約、臨床試験データ、
外観画像データ、音響データ など
・顧客満足向上(解約防止)
・リスク管理
・予兆診断

AiValueUpはLumadaプロフェッショナルサービス

AiValueUpはLumadaプロフェッショナルサービス*として登録されています。

  • * Lumadaプロフェッショナルサービス:データから価値を提供する際に必要となるデジタル人材による専門技術を元にしたサービス

お知らせ

2020年07月30日:オンラインサポートのご紹介

オンラインで当社データサイエンティストに分析にお悩みを相談できるサービス「オンラインサポート」を開始しました。

2019年11月26日:日経XTECH Specialのご紹介

2019年10月9日〜11日に開催された「日経XTECH EXPO 2019」で当社が講演した内容が、日経XTECH Specialに掲載されました。

2019年10月11日:日経XTECH EXPO 2019 に出展しました

2019年10月9日〜11日に開催された日経XTECH EXPO 2019「人工知能ビジネス AI 2019」に「AI&ビッグデータ ソリューション」を出展しました。

2019年1月10日:日経コンピュータ2019年1月10日号 特別広報企画ご紹介

2018年11月16日に開催された日経 xTECH主催「人工知能サミット 2018/Autumn」で当社が講演した内容が、日経 xTECHの特別広報企画として掲載されました。

書籍「AI、IoTを成功に導く データ前処理の極意」好評発売中!

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。