ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

受託解析サービス

日立画像トラフィックカウンタ

受託解析サービスの流れ

お客さまにて撮影いただいたカメラ映像から、高速道路および一般道路の交通量調査や車群特性の分析結果を提供します。

交通量調査自動化時の作業プロセス例

解析結果サンプル

交通量

交通量のグラフ

走行速度

走行速度のグラフ

導入ステップ

お打合せ〜納品

導入ステップの画像

ご提供情報

次の情報は、解析を行う上で重要な情報です。
設置イメージと合わせてご確認のうえ、お客さまにてご提供のご準備をお願いします。

  • カメラの設置高さ【必須】
  • カメラの俯角【可能であれば】
  • カメラから目標物までの距離(二カ所)※【必須】
  • 1車線の幅員【必須】
白線や標識などを目標物とし、二カ所それぞれの距離を測定ください。
目標物がなければ、カラーコーンなどを二つ置いていただき、それぞれの距離を測定ください。
(白線の場合は白線の長さが分かれば一カ所で問題ありません)
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。