ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

システム構成・製品仕様

日立画像トラフィックカウンタ

システム構成図

システム構成図

適用分野

  内容 アウトプット例
交通量調査 既設監視カメラ・CCTVおよびビデオカメラの映像から交通量および速度を解析する 速度、車種、台数情報
車両軌跡調査 高速道路サグ部などの車両軌跡を座標値データより渋滞の特性の解析を行います 時間帯別の座標値データ
車両流動性評価 高速道路・専用道路における交通流・車群解析調査 速度、車種、台数、速度と台数の相関図
車両速度測定 車が2地点間走行に要した時間の測定 速度、車種情報
交通流シミュレーション用基礎データ取得 交通流シミュレーションソフト(TRAFFICSS)の基礎データの作成 速度、車種、台数情報

製品仕様

動作環境

動作環境一覧表
PC(推奨) OS:Windows10
CPU:Intel Core i3-6100 以上を推奨
メモリ:4GB以上
画像解像度:WSXGA+(1680×1050)以上を推奨
タブレット(推奨) OS:Android7.0
画面解像度:WUXGA(1920x1200)、WXGA(1280x800)
タブレット端末の機種により、事前に動作確認が必要な場合があります。

製品仕様

機能仕様一覧表
  性能
撮影方向 車尾撮影
周囲照度 夜間照明灯程度の明るさであれば可能
照明灯の無い個所は車幅灯で計測
気象条件 視程200m以上(霧・雪)
雨量30mm/h以下の映像
対象車両 軽自動車以上の車両
車種判定 普通車・大型車の2種類
計測領域 最大4車線

設置イメージ

高さ6m以上の陸橋やポールなどから撮影します。

標準的な画像トラカン設置イメージ

  1. 車両の通過台数を10分間隔で集計し、EXCELファイルで出力します。
  2. カメラの設定は、シャッタースピードを1/1500以上にします。
    またフォーカスは固定で合わせてください。(ピンボケを避けてください)
  3. 画角は、こちらを参照してください。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。