ページの本文へ

2023年3月24日

2次元CADソフトウェア「ACROVA GMM」 V20は、インストール時に「ACROVA GMM」 Mechanical Designまたは「ACROVA GMM」 Drawing&Designのどちらかを選択できます。また、再インストールで製品を切り替えられます。

2次元CADソフトウェア 「ACROVA GMM」 Drawing&Design V20

「ACROVA GMM」 Drawing&Design V20 は機械、建築・設備、土木、プラント、電気など幅広い業界で利用いただいているCADソフトウェアの最新バージョンです。
「ACROVA GMM」は、設計者の思考を妨げる準備作業を最小限にし、ダイレクトな2次元設計を叶えることを目的に、作図操作性向上とデータ交換機能の強化により、設計工数の低減を支援します。自動ナビゲーション機能では、既存図形の制御点から自動ナビゲーションを表示することで、補助線作図数を削減します。
また、ラスター図面の複数配置と図面間コピー機能の追加、DXF、DWGファイルの最新版への対応に加え、PDFのベクトルデータについても双方向交換機能を標準装備し効率的な作図および作図工数の削減を実現します。
「ACROVA GMM」には「スーパーマクロ」というプログラム言語を装備しており、自動作図や外部ファイルとのデータ入出力、さまざまなアプリケーションソフト連携などを自由に作成できます。さらに、ノンプログラミングでコマンドを組み合わせる「コマンドブロック機能」では、バッチや「スーパーマクロ」を作成することなく、簡単に独自のコマンドを作成できます。これらのカスタマイズ機能はお客さまの業務効率を大きく向上させます。
「図面校閲機能」は、1枚の図面上で、退避登録した図面と、現在の図面の比較を簡単に行うことができます。変更前の図面を探して比較する手間が大幅に削減できます。
「ACROVA GMM」シリーズの図面データを表示・印刷することができる、「ACROVA GMM」 Drawing Viewerを標準装備していますので、閲覧用に持ち出しPCなどにインストールしておくと便利です。

2次元CADソフトウェア 「ACROVA GMM」 Mechanical Design V20

「ACROVA GMM」 Mechanical Design V20は、「ACROVA GMM」 Drawing&Design の機能に加え、機械設計に特化した多くのツールを標準装備した製品です。
仕上げ記号などの図記号や破断線、面取り、プーリー、インボリュート曲線など機械図面に必要な豊富な作図支援機能に加えて、配置部品から部品表を自動作成する集計機能、軸図からの重量概算やベルト長測定、リンクシミュレーションといった自動測定機能など機械設計に便利な機能を備えています。
また、約740,000点の部品データ(JIS標準部品、機械系メーカー部品)を標準搭載しています。部品データはJISハンドブックやメーカー各社の電子カタログを参照する感覚で手軽に図面に利用できます。
設計業務に役立つか、まずは試してみることも簡単です。「ACROVA GMM」 Mechanical Designと「ACROVA GMM」 Drawing&Designはインストール時に選択でき、再インストールで製品を切り替えられます。

「ACROVA GMM」専用ビュワーソフト「ACROVA GMM」 Drawing Viewer

「ACROVA GMM」には、「ACROVA GMM」、「DRAWMAN」で作成した図面データを表示・印刷することができる「ACROVA GMM」 Drawing Viewerを標準装備しています。これは「DRAWMAN」にはないスペシャルオプションです。 線長・面積などの計測やコメント入力も可能で、DXFデータやDWGデータを配置できます。 「ACROVA GMM」 V20以降に同梱されるDrawing Viewerは、図面のバージョン指定保存ができます。取引先からきたGMM図面を自社でバージョン変換できますので、図面受け渡しや閲覧に役立ちます。
「ACROVA GMM」製品に標準装備していますので、設計用以外のパソコンや、外出時の閲覧用にノートパソコンなどにインストールしてご利用ください。

お知らせ

  • * 次期バージョンを発売した場合、以下の製品は販売終了となりますので、新規のご購入および
    既存バージョンからのアップグレードにつきまして、お早めにご検討ください。
  • 「ACROVA GMM」 V20スタンドアロン版、ネットワーク版、各アップグレード版
  • 「ACROVA GMM」 V18からの各アップグレード版
  • 「ACROVA GMM」 V18までの旧製品の故障交換ドングル
  • 次期バージョンの発売時期は、別途ホームページおよびユーザー会などで発表させていただきます。

「ACROVA GMM」 動作環境

対応OS Windows11 (64bit)
Windows10 (64bit)
(*1)
Windows11/「ACROVA GMM」
OSバージョン対応表
Windows11 バージョン(*2) 「ACROVA GMM」 ソフトウェア
バージョン(*3)(*4)
22H2 V20.01 / V19.21 / V18.51 / V17.51
21H2 V20.01 / V19.21 / V18.51 / V17.51
Windows10/「ACROVA GMM」
OSバージョン対応表
Windows10 バージョン(*2) 「ACROVA GMM」 ソフトウェア
バージョン(*3)(*4)
22H2 V20.01 / V19.21 / V18.51 / V17.51
21H2 V20.01 / V19.21 / V18.51 / V17.51
CPU Intel Core i5以上
(Intel Core i7以上推奨)
メモリー 4GB 以上(8GB 以上推奨)
ハード
ディスク
インストール時 D.D 1GB 以上の空き容量(インストールドライブ)
MD  4GB 以上の空き容量(インストールドライブ、機械部品ライブラリを含む)
動作時 2GB 以上の空き容量(OSドライブ)
5GB以上の追加空き容量(機械部品ライブラリ利用時、インストールドライブ)
USBポート 必須(Aタイプ)
DVD読取装置 必須
ディスプレイ解像度 1,024×768(XGA)〜2,560×1,600(WQXGA)
16 ビット色表示以上〜32ビット色表示
入力装置 マウスなどポインティングデバイス
  • * 記載の容量は,1KB=1,024バイトです。
(*1)
32ビット互換のWindows on Windows 64(WOW64)モードでの動作になります。
(*2)
各「ACROVA GMM」バージョンのWindows対応バージョンは別途更新プログラムのインストールや
OSの設定変更が必要な場合があります。
Windowsバージョンはマイクロソフト社のサービス終了に伴い動作対象外とします。
(*3)
「ACROVA GMM」ソフトウェアバージョンの確認は、製品起動後、
プルダウンメニューの[ヘルプ]−[バージョン情報]でご確認ください。
(*4)
最新リビジョンへのアップデートには、「サポートサービス(基本)」「メディア送付サービス」の
同時契約が必要です。「メディア送付サービス」単独でのご契約はできません。
「メディア送付サービス」はご利用いただいておりますライセンス全数分のご契約が必要です。
製品購入後に「メディア送付サービス」をご契約頂く場合、購入月の翌月時からの遡りでのご契約が
必要となります。
「メディア送付サービス」のお見積りは製品をご購入いただいた販売店へご連絡いただくか、ご不明の場合は
以下よりお問い合わせください。

製品の機能、仕様、導入方法、価格などなんでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。

カタログダウンロード

製品カタログをダウンロードするには、アンケートへの回答が必要です。

カタログ表紙

【終了しました】
第6回 「ACROVA GMM」ユーザー会

COVID-19の影響に伴い
皆さまの安全と健康を第一に考え、オンライン開催となりました。