ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

2015年2月、WorkFlow Meisterの新バージョンを発売しました。
既存ユーザの声を反映しつつ機能を拡充し、より使いやすくなりました。

2015年2月12日

[新機能] 一般利用者向け

パラレルフェーズ回覧

申請手続きの種類によっては、『管理部門(経理・総務・法務部門など)の認可は必須だか、順序にルールが無い』というケースがあります。
そのような場合に、順に承認を得るのではなく、同時に(パラレルに)申請をまわすことで、申請手続きの迅速化を行えるようになりました。

パラレル申請イメージ

同報者設定

承認ルートに入らない関係者は内容を知る機会が無いため、わざわざ別に情報共有をおこなう必要が生じます。
そこで、メールの同報(CC:)と同じように、申請フローにも「同報」機能をつけることで、申請状況の共有に対応しました。

職位制限

承認フェーズに職位制限を設けることで、権限の無い利用者を設定してしまう間違いを防止します。
例えば「承認には部長クラスの権限が必要」と設定されたフェーズでは部長以下の職位は設定できなくなります。 これにより内部統制の強化を支援します。

多言語対応

海外に生産拠点がある。外国人スタッフが増加した。というお客さまのニーズに応え、多言語(日本語、英語)およびタイムゾーンの切り替えに対応しました。

多言語対応(英語画面)

[新機能] 管理者向け

統合認証基盤連携機能

統合認証基盤(*1)と連携することで、組織(所属グループ)とユーザ情報を自動更新でき、管理者による人事異動の変更対応が不要となります。

 ※1 : ユーザ管理情報(ユーザID、パスワード、権限など)を利用し、1 つのユーザID とパスワードで複数のシステム、アプリケーションのログイン認証を行う仕組み。

自動回覧条件

以前より実装している「回覧ルートの自動設定」の条件を、よりきめ細かく設定できるようになりました。
例えば、以下のような設定が自動で行えます。
・社員番号を使って自分の所属する部署を判別し、承認する上長を自動設定
・金額欄に記入された数値から「100万円以上は部長決済」「1億円以上は社長決済」を自動設定

統合メール配信

メールの配信単位が設定できるようになりました。
これにより、「複数のフォローメールを1通にまとめて通知」のような配信ができるようになり、受信者の負担と読み漏れの防止に役立ちます。

その他アップデート内容と お問い合わせ

その他、入力用マスタの一括登録機能や、最新の動作環境(動作OS、サーバ、データベース、Webブラウザなど)への対応も行いました。
機能・環境・費用・導入までのスケジュールなど、気になる点がございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
閉じる