ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

2015年2月、WorkFlow Meisterの新バージョンを発売しました。
新機能については、こちらをご参照ください。

概要

日常で頻繁に発生する稟議書や各種伺いの申請業務においては、「申請書類がどこで停滞しているのかわからない」 「手持ち、郵送等の人手による回覧により処理日数がかかる」「記入漏れや申請経路の手続き誤りが減らない」といった多くの課題をかかえています。

これらの課題を解決すべくWorkFlow Meisterは、業務プロセスを見える化し、回覧や承認業務を電子決裁することで、 回覧時間の短縮、手続き誤りの削減といった業務改善、効率向上を実現するとともに他システムとの連携も視野に入れた総合的なワークフローシステムを提供いたします。

特に、リモートワークで勤務場所が離れている場合、WorkFlow Meisterを活用いただき、紙による回覧や承認業務をペーパーレス化することで、業務効率の向上が期待できます。

概要図
画像を拡大する

特長

  • 認証基盤や外部システムとの連携にも柔軟に対応可能です。
  • 申請業務プロセスの「見える化」および回覧時間の短縮化を実現できます。
  • 監査証跡の自動的な記録・保管により内部統制の強化が図れます。

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
閉じる