ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

合成音声編集ソフト「美音工房 奏」 : 適用・活用事例紹介

声によるアナウンスやナレーションを置き換えてコスト削減を!

館内放送

  • 館内放送システム用の音源として利用。
  • テンプレート機能により、放送内容をあらかじめ定義可能。

事例_館内放送
事例_店内放送

導入メリット

事例_館内放送

バス・電車の車載器への組み込み

  • バス・電車の車内放送用の音声メッセージとして活用。
  • 営業所にて、車内アナウンス用音声ファイルを作成し、メモリーカードへ登録し車載器へ搭載。
  • 車載器は、音声合成装置や表示装置にて利用可能。

事例_バス・電車

導入メリット

事例_バス・電車

その他

【コンテンツのナレーション(eラーニング)】

  • eラーニングコンテンツの文章のナレーション音声として利用。
  • コンテンツ作成用のPCにて音声ファイルを作成し、コンテンツへ貼り付け。
  • コンテンツが完成したらサーバへインストール。
  • その他にも、ホームページの読み上げ、製品紹介コンテンツの読み上げなど

事例_コンテンツのナレーション(eラーニング)

【防災システムへの適用】

  • 防災無線システム(自治体で台風や地震などの災害情報や、お祭り・選挙・迷子などの呼び掛け連絡)の音源として利用。

事例_防災システムへの適

【博物館・展示ホールでのガイダンス】

  • 博物館や商業施設での広告サウンドパネルの音声メッセージとして利用。
  • 博物館での展示品のガイダンス機器へ、メモリカードへ音声を登録。

事例_博物館・展示ホールでのガイダンス

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。