本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

2016年9月14日
株式会社日立製作所
株式会社日立産業制御ソリューションズ

可視光によるカラー映像と赤外線による白黒映像を重ねて表示可能な
屋外対応型ネットワークカメラを販売開始

暗い場所でも色情報を保持したまま撮影・表示することで、監視強化に貢献

新開発のネットワークカメラ「DI-CB322LEW」
新開発のネットワークカメラ「DI-CB322LEW」

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立製作所)と株式会社日立産業制御ソリューションズ(取締役社長:山 光雄/以下、日立産業制御)は、可視光によるカラー映像と赤外線による白黒映像を重ね合わせることで、赤外線を有効活用しながら同時に可視光による色情報も失わずに暗い場所*1の撮影・表示ができる、屋外設置に対応したネットワークカメラ「DI-CB322LEW」を2016年10月から販売します。本製品は、全世界共通モデルとして、順次海外でも販売を開始します。

警察庁が2000年に制定、2014年8月に改定した「安全・安心まちづくり推進要綱」において、安全・安心なまちづくりの推進に係る資機材として防犯カメラが追加されたことにより、カメラの撮影映像は、監視・防犯の観点から安全・安心な生活に欠くことができないものとなっています。しかし、従来の監視・防犯カメラは、可視光によるカラー映像のみでは光が当たらない暗い場所を撮影できないことや、赤外線の白黒映像のみでは色情報を判別できないことから、部分的にしか光の当たらない暗い場所においても、色情報を保持したまま撮影できる技術が求められていました。

そこで、日立製作所と日立産業制御は、公園や道路、駐車・駐輪場など、部分的にしか光の当たらない暗い場所での視認性向上を目的に、可視光による色情報を残しつつ、可視光の弱いところは赤外線の輝度情報を重ねて映像を撮影・表示できる「Color-IR技術」を搭載したネットワークカメラ「DI-CB322LEW」を開発しました。本製品は、IEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)によって定められた防塵防水規格IP66*2に準拠しており、屋外に設置可能です。また、高画質で長時間映像を記録できる日立独自の高圧縮・超解像処理*3を備えています。2016年10月から日本で販売を開始し、順次海外でも販売していきます。

日立製作所と日立産業制御は、今後もお客さまのニーズに対応したネットワークカメラのラインアップを拡充するとともに、入退室管理システムなどのセキュリティ製品と組み合わせ、システムの提案から設計、施工、メンテナンスまでワンストップでソリューションを提供することで、安全・安心な社会の構築に貢献していきます。

*1
夜間、街灯などの光があり、人の目で対象物の色情報を認識できる程度の明るさがある場所。
*2
JIS規格(JIS C 0920:2003)では、IP66を次のように定義している。
防塵性:耐じん形(じんあいの侵入があってはならない)
防水性:暴噴流に対して保護する(あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な 影響を及ぼしてはならない)
*3
伝送された画像よりも解像度の高い画像を生成する信号処理技術。

ネットワークカメラ「DI-CB322LEW」の特長

  1. 「Color-IR技術」により、暗い場所における情報の色視認性を向上
     可視光が当たる部分は色情報を残したまま映像を生成し、可視光が当たらない部分は赤外線の輝度情報によって白黒の映像を生成する「Color-IR技術」により、部分的にしか光の当たらない暗い場所においても、色情報を失わずに映像を撮影・表示できます。明かりの少ない夜間を想定したNight(Color)モードでは、可視光が当たっている左奥部の自動車をカラーで撮影・表示するとともに、画面手前の暗部は、赤外線により白黒映像で人を認識できます。

    「Color-IR技術」により、暗い場所における情報の色視認性を向上

  2. 高い防塵防水性能を実現
     防塵防水規格IP66に準拠し、街区、公園、駐車場、通学路、駅、道路・交差点など屋外での設置が可能です。
  3. 超解像処理に対応した、日立独自の高圧縮技術を搭載
     高画質・長時間記録を実現するため、超解像処理に対応した高圧縮技術を搭載しています。FHD(1920×1080ピクセル)サイズの映像をD1(704×480ピクセル)サイズに縮小・圧縮するモードとHD(1280×720ピクセル)サイズに縮小・圧縮するモードのふたつのモードを搭載しています。高圧縮技術によって高精細な映像をより少ない容量で伝送・記録し、超解像処理によって、高画質・長時間記録が可能になります。
  4. 電動可変焦点レンズ搭載により、カメラ設置後に遠隔でピントの調整が可能
     電動で焦点距離を変化させることができる可変焦点レンズを搭載しています。従来モデル*4では、カメラ設置時に手動によるピントの調整が必要でしたが、本製品では、カメラ設置後に、パソコンまたはデジタルレコーダーにより、容易に遠隔からピント調整を行うことができます。
    *4
    2014年10月販売のネットワークカメラ(DI-CD320、DI-CB320)との比較において。
  5. ハウジング不要により設置性を向上
     従来モデル*5では屋外に設置する場合にハウジングなどのオプション品が必要でしたが、本製品ではこれが不要となり、設置性の向上をはかりました。
    *5
    2016年1月販売のネットワークカメラ(DI-CD322LE)との比較において。

ネットワークカメラ(DI-CB322LEW)製品概要

品名 ネットワークカメラ
型式 DI-CB322LEW
本体希望小売価格(税抜) 310,000円
画像解像度(最大フレームレート) フルHD(水平1920×垂直1080ピクセル) (30fps)
最低被写体照度*6 0.05lx以下(赤外線照射機能OFF時)
0lx(赤外線照射機能ON時)
赤外線照射機能 赤外線LED搭載、照射距離 30m
ワイドダイナミックレンジ対応
超解像処理技術対応*7
消費電力 約8.0W
外形寸法 W142×H142×L329mm
*6
標準時(画角:WIDE端、オートゲインコントロール(AGC):Super HIGH、電子感度アップ(DSS):OFF)設定時の数値です。
*7
専用のモニタリング用ソフトウェア「VisionNet Manager(V2.15以降)」または「Fine Vision XD Viewer(V1.76以降)」と組み合わせることで機能を実現します。

映像監視システムに関する日立製作所のWebサイト

http://www.hitachi.co.jp/bouhan/

商標注記

  • VisionNet、Fine Vision、Fine Vision XDは、株式会社日立産業制御ソリューションズの登録商標です。

照会先

株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット産業ソリューション事業部
産業製造ソリューション本部 セキュリティエンジニアリング部 [担当:山本、竹本]
〒170-8466 東京都豊島区東池袋四丁目5番2号
電話:03-5928-8250(直通)

株式会社日立産業制御ソリューションズ
営業統括本部 第一営業本部 第二営業部 [担当:中村]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号
電話:03-3251-7244(直通)

  • * 本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制ならびに米国の輸出管理規制など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。
  • * 本ニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。