本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

インドで鋳造シミュレーションシステム「ADSTEFAN Ver.2016」を販売開始

製造業の生産性向上に貢献し、「メイク・イン・インディア」政策を支援

株式会社日立産業制御ソリューションズ(取締役社長:山 光雄/以下、日立産業制御)は、2016年2月1日に日本で販売を開始した鋳造シミュレーションシステム「ADSTEFAN Ver.2016」(*1)を2016年3月15日よりインド共和国(以下、インド)にて販売を開始します。今後日立産業制御は、インド市場において、年間50ライセンスの販売をめざします。

*1
日文、英文、中文(簡体字)の3言語に対応。

「ADSTEFAN」は、素形材産業の鋳造製造現場における鋳造欠陥を、事前に予測できる鋳造シミュレーションシステムです。ブラックボックスである、鋳型内への溶融金属流入状態や凝固過程をシミュレーションし、その過程を三次元で視覚的に表現します。これにより、鋳造試作回数の低減、開発期間の短縮、品質向上が可能となり、コスト低減するとともに省資源化に効果を発揮します。 
日立産業制御は、1999年に日本で「ADSTEFAN」を販売開始して以来、ユーザ企業からのエンハンス要望や各大学、パートナー会社などとの共同研究の成果に基づき製品性能改善を行い、毎年バージョンアップ版として提供してきました。2007年には、インド現地法人ProSIM R&D Centerと販売代理店契約を締結してインドでの販売を開始しており、パートナーとの連携による販売・サービス体制の強化・拡充を進めています。日立産業制御は、「ADSTEFAN」の拡販を通して、インドのモノづくり産業の発展に貢献していきます。

日立産業制御 取締役社長 山 光雄のコメント

当社は、「ADSTEFAN」を通じて日本国内の素形材産業の鋳造製造現場での工数低減や品質向上へ寄与してきました。このたび、インド共和国向けに「ADSTEFAN Ver.2016」を提供できることを大変うれしくまた誇りに思います。

「ADSTEFAN」の特長

  1. 鋳造欠陥を、事前に予測可能
  2. 鋳造試作回数の低減による開発期間の短縮
  3. 設計およびプロトタイプ作成のコスト削減
  4. 製品性能改善に努め、毎年バージョンアップ版を提供

詳細はhttps://www.adstefan.com/をご覧ください。

日立産業制御ソリューションズについて

株式会社日立産業制御ソリューションズは、日立グループの産業ソリューション事業を支える主要企業です。産業ソリューション事業、セキュリティ・画像ソリューション事業、組込みエンジニアリング事業、システムエンジニアリング事業およびプリント基板製造事業において、単独の技術では実現が困難な課題に対し、個々の製品や技術を全体最適の視点で組み合わせることで、お客さまの課題を共に見出し、解決する「顧客協創型ソリューション」に取り組んでいます。真価を発揮できるモノづくりの事業においては、パートナー企業と連携し、お客さまの期待に沿える技術・製品・サービスをグローバルに提供していきます。

詳細はhttp://www.hitachi-ics.co.jp/をご覧ください。

注記

  • 「ADSTEFAN」は、株式会社日立産業制御ソリューションズの登録商標です。
  • 本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制ならびに米国の輸出管理規制など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。

お客さまお問い合わせ先

株式会社日立産業制御ソリューションズ 
営業統括本部 第一営業部 [担当:谷本、瀬ケ沼、野呂]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号 (秋葉原大栄ビル)
電話:03-3251-7242 (直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社日立産業制御ソリューションズ 
営業統括本部 営業企画部(広報) [担当:清水、川口]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号 (秋葉原大栄ビル)
電話:03-3251-7253(直通)

  • * このニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は発表日現在の情報です。 予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。