ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

社会インフラ用点検装置「橋梁点検ロボットカメラ」

国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)登録製品
  NETIS番号:KT-160016-VE (2021年更新)
  新技術名称:橋梁点検ロボットカメラ
  登録日:2016年4月21日
  国土交通省性能カタログ:BR010019-V0221

「橋梁点検ロボットカメラ」は、点検員が目視で確認するには困難な場所を、伸長可能なポールに設置したカメラとカメラを操作するタブレットPCを使って、安全かつ効率的に行う点検システムです。

「橋梁点検ロボットカメラ」の特徴

(1)よく見える

  • 光学倍率30倍により、20m先の0.2mm幅のひび割れを見ることができます。

光学ズーム×30

  • ひび割れ幅の測定は、映像上に表示されるクラックスケールにて行い、静止画像として保存できます。

クラックスケール

  • * クラックスケールの表示は参考値です。
  • 映像補正(コントラスト補正、手振れ補正、霧除去機能)で目視性能を向上させます。
    これらの機能で点検現場での「見る」を強力にサポートします。

コントラストの補正で可視性UP

(2)誰でも使える簡単操作

  • ポールユニットは、伸縮自在で容易に設置できます。
  • 操作端末は、タブレットPCで、指で簡単に操作できます。
  • 動画を撮影しながら静止画を撮影できます。(同時保存および動画からの静止画切り出し可能。)


フリックで自由に位置移動


ダブルタップで見たいところに直接移動


ピンチアウトで細部をチェック

(3)安全で効率的

橋の下から橋梁点検調査が可能なため、作業者は安全な場所で点検作業ができます。また、「橋梁点検ロボットカメラ」でひび割れなどが確認できた場所のみを、橋梁点検車で点検作業が行えるため効率的です。

活用イメージ
活用イメージ

「カメラユニット」イメージ
『上床版撮影時』イメージ

(4)持ち運びが便利

軽量でコンパクトに収納できるため運搬が容易です。また大きな設置場所を必要としないため、点検時の交通規制を軽減します。

可搬式で持ち運びが便利

更新履歴

2022年01月24日
  • カメラ性能などを改良した「HV-HT3100TB-U」(高所型)*1をリリース。
  • (懸垂型)*2と(懸垂型+高所型)*3については販売を終了しました。

    *1 高所型:地上に置き、伸長可能なポールで橋梁を見上げるタイプ
    *2 懸垂型:高欄の笠木に伸長可能なポールでカメラを吊り下げるタイプ
    *3 懸垂型+高所型:懸垂型と高所型のポールをセットにしたタイプ

2016年05月11日
2014年09月30日

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
閉じる