ページの本文へ

記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2024年5月30日
株式会社 日立産業制御ソリューションズ

工場完全自動化ソリューション新ブランド「AsterSync」立ち上げ
製造業における全ての「コト」を自動化し、お客様のビジネス・価値向上に貢献

株式会社 日立産業制御ソリューションズ(取締役社長:上田 元春・東京都台東区)は、製造業における工場の原材料の入荷から製造や検査、出荷まで製造に関わる一連の業務(「コト」)を自動化し、お客様のビジネス・価値向上に貢献する工場完全自動化ソリューションをブランド名「AsterSync(アステルシンク)」として、立ち上げました。工場完全自動化ソリューション「AsterSync」(以下、「AsterSync」)は、現場から工場管理、経営層の情報をシームレスに繋ぐことで、これらの業務を自動化し、全体最適を実現します。自動化することでヒューマンエラーのリスクを排除し、安全・安心・快適な製造業務環境を提供します。日立産業制御ソリューションズは、「AsterSync」の提供により、今後3年間で30億円規模の売上をめざします。

ブランドのコンセプト

「AsterSync」は、IT業界において「全て」を意味するアスタリスクの語源である“Aster”と、「同期(シームレスな連携)」を意味するSynchronization の“Sync”を組み合わせた名称であり、製造業に関わる「全て」の情報を「同期」させ、お客様の課題解決・価値向上に貢献する思いを込めています。シンボルマークは、「AsterSync」の「A」(イニシャル)で工場内の要素(あるいは、本ソリューション内の日立産業制御ソリューションズの要素技術)が繋がり、包括的に同期するイメージと無限大に繋がっていくことを表現しています。

ブランドのロゴ

ブランドのロゴ

ブランド立ち上げの背景

製造業のお客様においては、人財不足や製造DX導入による競争力強化などの課題に対して、変革が思い通りに進まない、また製造DXを進めるにしても何から始めればよいかわからないといった声を多くいただいています。日立産業制御ソリューションズは、過去半世紀にわたってお客様の課題をともに解決しながら蓄積してきた各業務領域のOT*1の技術や知見を保有しています。幅広い領域で複雑に絡み合うお客様の課題に対し、このOTと最新のデジタル技術を組み合わせることで、日立産業制御ソリューションズだから解決に貢献できると考え、「AsterSync」のブランド立ち上げを進めてまいりました。

ソリューションの特長

「AsterSync」は、日立産業制御ソリューションズの強みである『OT×デジタル』 を駆使し、製造に関わるさまざまな業務を 『シームレス連携』することで自動化し、お客様の幅広い課題を解決するワンストップソリューションです。製造業務に関わる計画立案、在庫管理、製造実行、設備保全、エネルギーを含めた製造現場監視などのソリューションを有しています。各ソリューションが連携することにより、受注情報と在庫情報に応じた生産計画の最適化や、生産計画に応じた製造実行、製造実行に対応した現場監視をシームレスに行い、製造ラインにおける投入から完成までの情報連携を強化し、現場情報のリアルタイムな見える化や、製造・品質実績のトレーサビリティ確立、エネルギー消費削減などの顧客価値向上を支援いたします。

また、お客様の現状からあるべき姿の実現に向けて、段階的に導入することが可能です。これにより、投資効果の高い製造現場から段階的な自動化が実現できます。

ソリューションの特長

今後の展望について

「AsterSync」は製造業務において従来、人に頼っていた作業を自動化することでヒューマンエラーのリスクを排除し、製造業務における『安全・安心・快適』な業務環境を提供することをめざします。これによりお客様のデータドリブン経営を実現することで、生産性向上や収益率の改善、市場や環境の変化に強いものづくり体制の構築を支援いたします。

また、データを起点とするサービス化や既存事業の高付加価値化、新規製品開発による収益拡大の実現に寄与いたします。

展示会での紹介について

2024年6月に開催される展示会(FOOMA JAPAN 2024、第36回モノづくりワールド)に、「AsterSync」を体現する製造ラインを模擬したデモンストレーションを出展いたしますので、ぜひご来場ください。

  • FOOMA JAPAN 2024
    会期:6月4日(火)〜7日(金)
    会場:東京ビッグサイト、東1-8ホール
    出展企業名:株式会社 日立産機システム
    小間番号:7D-10
  • 第36回 日本ものづくりワールド 製造業DX展
    会期:6月19日(水)〜21日(金)
    会場:東京ビッグサイト、南1-2ホール
    出展企業名:株式会社 日立産業制御ソリューションズ
    小間番号:S7-6

ソリューションに関するウェブサイト

出展に関するウェブサイト

注記

*1
Operation Technology:産業分野や社会インフラ分野における“人やモノの動きを制御するシステム”の構築を積み重ねたことによる、現場に関わる技術や知見のこと。
  • AsterSyncは、株式会社日立産業制御ソリューションズにて商標出願中(出願番号:商願2023-121829)です。
  • AsterSyncのロゴは、株式会社日立産業制御ソリューションズにて商標出願中(出願番号:商願2024-048885)です。

日立産業制御ソリューションズについて

日立産業制御ソリューションズは、日立グループの産業・流通事業を支える主要企業です。長年培ってきたOT(Operational Technology)を基軸に、製造業をはじめとする産業分野や社会インフラ分野のお客様の事業において新たな価値創出を支援する各種ソリューションを提供しています。お客様の現場に携わってきた経験に基づくコンサルティングによりお客様の課題をともに見出し、製品・技術を結集させたソリューションで解決します。

お問い合わせ先

株式会社 日立産業制御ソリューションズ
営業統括本部 産業営業本部 [担当:杉山]
電話:03-3251-7242 (直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立産業制御ソリューションズ
企画統括本部 経営戦略本部 広報・渉外部 [担当:鎌田]
電話:03-3251-7810 (直通)

  • * 本ページの内容は掲載時点の情報となります。

最新のニュースリリース