ページの本文へ

記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2024年4月4日
株式会社日立産業制御ソリューションズ

「監視制御と履歴データの活用」を実現する
設備統合監視制御システムIntegrate SCADAを4月より提供開始

設備監視制御の課題を解決し、製造業のサスティナブルな発展に貢献

株式会社 日立産業制御ソリューションズ(取締役社長:上田元春・東京都台東区)は、「監視制御と履歴データ活用」を実現するシステムである設備統合監視制御システム Integrate SCADA(以下、Integrate SCADA)の提供を4月より開始いたします。設備の制御を担う DCS*1コントローラの代わりに制御機能を有するPLC を採用し、汎用的かつ安価なシステム導入と保守性を実現します。また、設備監視制御に限らず、設備データの長期保存と効率的な故障解析を実現できる機能を提供することで、設備監視制御の運用における課題を解決し、製造業のさらなる発展に貢献します。新規ソリューションの提供により、2024年度は国内市場で20億円の受注獲得をめざします。

*1
DCS(Distributed Control System):産業用システムにおける、各機器ごとに制御装置を分散配置するシステムのこと。

新規ソリューション開発の背景

設備監視制御システムにおいて、DCSシステムでは導入や更新時の費用が高額となることが大きな課題となっています。また、DCSシステムは設備監視制御の運用に特化しており、設備データの蓄積および蓄積された履歴データを基にした解析までは手が届かない事例もみられます。そのような状況により、設備監視制御システムの汎用的かつ安価なシステム導入と、安定運用をめざした保守性のニーズが年々高まり、喫緊の課題となっています。

新規ソリューションの特長

Integrate SCADAは、DCSコントローラの代わりに制御機能を有するPLCを採用し、導入費用や更新時の費用を抑えた汎用的なシステム導入と保守性を実現します。

さらに、蓄積した履歴データを基に監視状態をプレイバック再生表示できる機能の提供により、「あの時、各設備はどのような動きをしていたのか」というように、故障発生時や故障発生前後において、設備がどのような状態だったかを視覚的に確認することができます。これにより、故障時の効率的な解析を実現します。

また、別途日立産業制御ソリューションズのデータ分析サービスを併せて導入することで、蓄積した履歴データを基に設備異常の予兆検知の診断など、お客様の課題に合ったデータ分析を提供できます。

お客様と産業の拡大に向けた今後の展望

従来、設備監視のみ実施してこられた製造業のお客様から問い合わせが増えている、設備データを蓄積して解析などに役立てたいという需要にお応えします。

また、近年は働き方改革や人財不足により、省人化も課題となってきました。この課題に対して、Integrate SCADAはクライアント端末での遠隔監視機能を提供し、現場で移動しながらの監視や他部門からの不定期な状態確認など、システムを手軽に利用したいという要望にお応えします。日立産業制御ソリューションズは新規ソリューションの提供を通じて、製造業のお客様が現場業務をサスティナブルにしていく取り組みを支援します。

ソリューションに関するWebサイト

Integrate SCADAについて、詳しくはウェブサイトをご覧ください。

日立産業制御ソリューションズについて

日立産業制御ソリューションズは、日立グループの産業・流通事業を支える主要企業です。長年培ってきたOT(Operational Technology)を基軸に、製造業をはじめとする産業分野や社会インフラ分野のお客様の事業において新たな価値創出を支援する各種ソリューションを提供しています。お客様の現場に携わってきた経験に基づくコンサルティングによりお客様の課題をともに見出し、製品・技術を結集させたソリューションで解決します。

お問い合わせ先

株式会社 日立産業制御ソリューションズ
営業統括本部 産業営業本部 産業営業第一部 システム基盤グループ [担当:大穂]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号 秋葉原大栄ビル
電話:03-3251-7243(直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社 日立産業制御ソリューションズ
企画統括本部 経営戦略本部 広報・渉外部 [担当:鎌田]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号 秋葉原大栄ビル
電話:03-3251-7810(直通)

  • * 本ページの内容は掲載時点の情報となります。

最新のニュースリリース