ページの本文へ

記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2024年3月18日
株式会社日立製作所
株式会社日立ビルシステム
株式会社日立産業制御ソリューションズ

スマートビル事業の拡大に向けて入退室管理システム事業体制を強化

株式会社日立製作所(以下、日立)は、スマートビル事業の拡大に向けて、ビルシステムビジネスユニット(以下、BU)とインダストリアルデジタルBUで展開している入退室管理システム(Access Control System/以下、ACS)事業を、2024年4月1日付でビルシステムBUに集約し、体制を強化します。

具体的には、インダストリアルデジタルBUのACS事業をビルシステムBUに集約するとともに、インダストリアルデジタルBUの中核子会社である株式会社日立産業制御ソリューションズのACS設計・開発・製造機能を、会社分割により、ビルシステムBUの中核子会社である株式会社日立ビルシステム(以下、日立ビルシステム)に承継することで、スマートビルの重要な構成要素であるACSの製品・サービス競争力を強化します。

再編の背景と目的

現代のオフィスビルにおいては、就業者のワークスタイルの変化や、施設の運営管理における人財不足、カーボンニュートラルをはじめとする環境への対応など、さまざまな課題の解決が求められています。ビルシステムBUでは、多様なオフィスニーズにタイムリーに対応するため、ビルの稼働や利用状況のデータを一元化するビルIoTソリューション「BuilMirai(ビルミライ)」を中核にスマートビル事業を展開しています。

ビルシステムBUでは、ビル向けのACSをはじめとするセキュリティシステムを提供していますが、インダストリアルデジタルBUが手掛ける総合型入退室管理システム「秘堰(HISEKI)」などのACS事業を集約することで、「BuilMirai」を基盤としたスマートビルシステムを構成する製品ラインアップを強化します。また、ACSの開発リソースを集約することにより、製品開発力を強化します。

「BuilMirai」について

「BuilMirai」は、さまざまなビル設備の稼働状況を遠隔で統合的に監視、分析できるデベロッパー向けのソリューションで、主に大規模ビルを対象とし、複数ビルを横断的に監視、分析することができます。また、ビル設備のデータに加えて、ビル内のエリアごとの混雑度などの人流データを組み合わせて分析することが可能で、ビル管理の効率化や、利用者の快適性の向上、ビルの運営品質の維持・向上を実現します。

ビルIoTソリューション「BuilMirai」におけるACS事業の位置づけ

ビルIoTソリューション「BuilMirai」におけるACS事業の位置づけ

商標注記

  • 秘堰は、株式会社日立産業制御ソリューションズの登録商標です。
  • 「BuilMirai」は、株式会社日立製作所の登録商標です。

総合型入退室管理システム「秘堰(HISEKI)」のWebサイト

ビルIoTソリューション「BuilMirai」受注案件に関するニュースリリース

2023年12月11日付ニュースリリース

「『芝浦プロジェクト』で導入するビルOSとして日立のビルIoTソリューション『BuilMirai』を採用」

日立ビルシステムのWebサイト

日立産業制御ソリューションズのWebサイト

日立製作所について

日立は、データとテクノロジーでサステナブルな社会を実現する社会イノベーション事業を推進しています。お客さまのDXを支援する「デジタルシステム&サービス」、エネルギーや鉄道で脱炭素社会の実現に貢献する「グリーンエナジー&モビリティ」、幅広い産業でプロダクトをデジタルでつなぎソリューションを提供する「コネクティブインダストリーズ」の事業体制のもと、ITやOT(制御・運用技術)、プロダクトを活用するLumadaソリューションを通じてお客さまや社会の課題を解決します。デジタル、グリーン、イノベーションを原動力に、お客さまとの協創で成長をめざします。2022年度(2023年3月期)の連結売上収益は10兆8,811 億円、2023年3月末時点で連結子会社は696社、全世界で約32万人の従業員を擁しています。

お問い合わせ先

株式会社日立ビルシステム カスタマーサポートセンター
電話:0120-7838-99(フリーダイヤル)

  • * 本ページの内容は掲載時点の情報となります。

最新のニュースリリース