ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

「医療版失敗学」とは

インシデント・アクシデント分析支援システム

「医療版失敗学」は、元東京大学大学院工学系研究科 濱口哲也特任教授が提唱する手法で、医療現場における過去の失敗に学び、再発防止や未然防止につなげる、というのが基本的な考え方です。

元東京大学大学院工学系研究科 濱口哲也 特任教授 -プロフィール-

濱口哲也 特任教授
元東京大学大学院工学系研究科 濱口哲也 特任教授

東京大学大学院工学系研究科産業機械工学修士課程修了後、日立製作所に入社し磁気ディスク装置の研究・開発・設計に従事。東京大学工学博士、東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻助教授を経て、現在は株式会社 濱口企画 代表取締役。日本品質管理学会・日本科学技術連盟共同プロジェクト『次世代TQMの構築研究会 イノベーション・価値創造ワーキンググループ』委員を務める。
主な著書に、『実際の設計―機械設計の考え方と方法―』(共著、日刊工業新聞社)、『失敗学と創造学―守りから攻めの品質保証へ』(日科技連出版社)など。

マンガで紹介する「医療版失敗学」

マンガで紹介する「医療版失敗学」 1/4ページ

マンガで紹介する「医療版失敗学」 2/4ページ

マンガで紹介する「医療版失敗学」 3/4ページ

マンガで紹介する「医療版失敗学」 4/4ページ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。