ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

安全・品質改善ソリューション

1. 概要

安全・品質改善ソリューションは、日立産業制御ソリューションズが保有する安全、品質改善を支援する製品や、AIによる分析や失敗学(*1)を活用したソリューションなどを組み合わせることで、「作業ミスや労災・品質事故を防ぐ仕組み」を提案するソリューションです。事故情報を一元管理するとともに、労災事故や品質事故報告書の作成・管理から事故分析、防止策立案、教育および理解度の確認・定着化までを一貫してサポートします。

*1
事故・不祥事など過去の失敗や事例に学び、解決方法を考える学問のこと。

安全・品質にこんなお悩みはありませんか?

経営層 イメージ図

  • 事故が再発している
  • 品質を維持できない

管理者 イメージ図

  • 事故情報が活用できない
  • 作業者の身体的負担が不明

現場 イメージ図

  • 事故発生の予測が難しい
  • 現場教育が上手くいかない

「作業ミスや労災・品質事故を防ぐ仕組み」を作る
安全・品質改善ソリューションをご提案します

2. 特徴

01段階的に導入可能

多様な構成メニューの中から、お客さまの優先課題によって導入するソリューションをお選びいただけます。
その後、段階的に周辺ソリューションの導入・連携を進めていくことが可能です。

段階的導入 イメージ図

02失敗学の活用

構成メニューには、作業ミス・事故を起こしてしまった失敗の言い訳から失敗のカラクリ(ワナ)を明らかにし、 再発防止・未然防止につなげる「失敗学」を活用したソリューションをご用意しています。

失敗学 イメージ図

03AIによる分析

構成メニューには、AI分析により、条件・環境などのデータと事故との関係や傾向を分析したり、 画像から人の姿勢・動作のデータ化および分析により問題点を抽出するメニューなどをご用意しています。

失敗学 イメージ図

3. 構成メニュー

「安全・品質改善ソリューション」を構成するメニューから、お客さまの優先課題によって導入するソリューションをお選びいただけます。
その後、段階的に周辺ソリューションの導入・連携を進めていくことが可能です。

ソリューション名称 概要
作業ミス・事故・ヒヤリハットデータの蓄積。失敗学に基づく分析フォーマット提供・分析データの蓄積。
事故情報のデータ整理、ドリルダウンによるデータ詳細表示、グラフなどの見える化。
熟練者作業の分析や新人作業者との比較分析による作業の可視化と効率化が可能なツール。
過去の事故事例を基に事故傾向や事故が発生する要因、要因間の関係性を分析。
カメラで撮影した映像から、特定の姿勢・動作を抽出してデータ化。作業着完時刻の自動収集や作業遵守の監視、不安定姿勢の検出などに適用。
※従来「医療版」としてのご紹介が主でしたが、産業分野でもご紹介を行っております。 失敗学に基づく「動機的原因」「失敗のワナ」「防止策」の分析支援。現場および安全部門・品質部門の失敗学に基づく考え方定着化支援。
現場で作業手順や事故事例(再現)を撮影して、簡単にアップロード・共有。マルチデバイスでの動画視聴。動画音声の自動字幕化・多言語翻訳。視聴履歴管理、確認テスト。
厚生労働省がまとめる「事故の型」に則した3D-CG動画教材。感覚的な理解が可能。
リアルな疑似体験で印象に残る事故・現場作業を再現したVR教育。
作業現場に設置した液晶ディスプレイへの安全・品質改善情報の配布、表示。

※ご要望に応じて、個別開発が必要な場合があります。

4. PDCAの回し方

「安全・品質改善ソリューション」を構成するメニューを組合わせて、お客さまの安全・品質改善のPDCAプロセスをサポートします。

1. 作業ミス・事故原因分析を活用したPDCAプロセス例

作業ミス・事故原因分析を活用した安全・品質改善のPDCAプロセス例をご紹介します。

作業ミス・事故原因分析を活用したPDCAプロセス例 イメージ図

2. AI映像分析技術を活用したPDCAプロセス例

AI映像分析技術を活用した安全・品質改善のPDCAプロセス例をご紹介します。

AI映像分析技術を活用したPDCAプロセス例 イメージ図

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。