ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

【事例紹介】東北電力ネットワーク株式会社様

電柱、電線など、お客さまに最も身近な配電設備の建設、保守管理、運用の役割を担う、東北電力ネットワーク株式会社様の配電部門にて、 従来より活用していた各種業務において、実際の作業を映した映像資料の遠隔利用や、誰でも容易に映像資料へアクセスできる環境に関するニーズの高まりを受け、 2021年4月より提供開始された動画共有ツール「HiCloud(ハイクラウド)」*において「作業教育ソリューション」を採用いただきました。
今回、導入いただいた「作業教育ソリューション」について、東北電力ネットワーク様にお話を伺いました。

  • * 東北電力ネットワーク様における「作業教育ソリューション」を活用した動画共有ツールの呼称。

導入の目的

クラウド環境を活用し、場所、時間を問わず容易に映像資料へアクセスしたい

以前より各種業務へ映像資料を活用していたことと、新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、 特に教育訓練において映像資料のニーズ・活用頻度が増えました。一方で、現場の教育担当者からは、 容量の大きい動画の保管やコンテンツの共有方法に非常に労力を要しているという話が多く寄せられていました。

そこで近年、各業界で活用されているクラウド環境を活用したサービスに着目し、数社の比較検討を行い、当社配電部門のニーズに最もマッチした 「作業教育ソリューション」を採用しました。

導入の決め手

導入以降もカスタマイズができ、ユーザビリティが維持できることを重視

導入にあたっては「オーダーメイド開発(カスタマイズ)が可能であること」を最重要項目としました。

当社配電部門では、社員のほか、配電業務のパートナーである請負工事会社・委託会社を含む約6,500人のユーザーが利用するため、 導入以降もさまざまなニーズが発生することが想定されることから、ニーズに応じて適宜カスタマイズすることで、常に高いユーザビリティを維持し、 「飽きない」「使いやすい」サービスであり続けることが重要であると考えました。

導入後の評判、ご感想

時間や場所を問わず気軽に教材へアクセスできることで、受講者の理解度向上や
効果的な指導の支援に大きく寄与

受講者からは 「動画で実際の作業を見ることで、テキストではわからない手の動かし方や作業のポイント・コツのイメージがしやすい」 「動画サービス感覚でアクセスでき、訓練後の復習が容易で、弱点の克服に繋がった」などの意見が寄せられています。 また、指導員からも「特に経験の浅いユーザーに対する指導に有効である」「容易に作業項目ごとのポイントを確認でき、 指導員の技術・技能や経験に左右されることなく、各所で同一レベルの指導ができる」といった意見が寄せられています。

当社配電部門では、社員のほか、配電業務のパートナーである請負工事会社・委託会社を含む約6,500人のユーザーが利用するため、 導入以降もさまざまなニーズが発生することが想定されることから、ニーズに応じて適宜カスタマイズすることで、常に高いユーザビリティを維持し、 「飽きない」「使いやすい」サービスであり続けることが重要であると考えました。

以上より、教育受講者の理解度向上や効果的な指導の支援に大きく寄与しているものと考えています。

お客さまについて

東北電力ネットワーク株式会社様

  • 設立:2019年4月1日
  • 資本金:240億円
  • 従業員数:7,289名(配電部門:2,724名)
  • 本社所在地:仙台市青葉区本町一丁目7番1号
  • 事業内容:東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)と
    新潟県における一般送配電事業
  • URL:https://nw.tohoku-epco.co.jp/

(2021年3月末時点)

導入時ご担当
配電部 (配電運用)
藤井 様(導入時ご担当)

現ご担当
配電部 (配電運用)
峯田 様(現ご担当)

お問い合わせ先

資料請求や製品紹介・デモを
ご希望の方はこちらから

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。