ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

RPAソリューションサービス

RPA(Robotic Process Automation)は、データの入力やレポート作成など作業量が多い定型業務を自動化し業務効率化に貢献するツールです。

お客さまの設計業務の内容を整理・分析することで、設計者とRPAとの共存による業務効率向上をサポートします。

RPA導入のメリット

業務効率向上による働き方改革促進

定型業務を自動化し、業務効率向上による働き方改革促進

人為的ミスの防止

入力ミスやノウハウの属人性を排除し、人為的ミスの防止

人材の有効活用

定型業務にかかる人材、時間をコア業務にシフト可能

ソリューションの特長

RPAにより自動化する業務のコンサルティングから環境構築、作成、運用支援までトータルでサポートします。
すでに運用されているRPAが、動作しないなどのお困りごとを解決する診断サービスも実施しております。

3つのサポート

ソリューションの特長イメージ図

RPA化イメージ

導入前:

定型作業に追われ、主業務が不十分となる。また、人為的ミスやノウハウの属人化が発生する。

RPA化イメージ図

導入後:

ロボットに手順を教えればミスなく業務を行い、価値ある業務に専念できる。また、人的ミスやノウハウの属人化を防止できる。

RPA化イメージ図

活用事例

事例1|各企業の最新記事リスト化

活用事例 RPA化内容 導入による削減時間
各企業の最新記事
リスト化
  • 各企業HP(60ページ)にアクセス
  • 最新記事を取得し、Excelにリスト化
  • リストを担当者へメール送信
作業時間 150分/日 → 60分/日
90分/日削減

各企業の最新記事リスト化

事例2|残業時間管理

活用事例 RPA化内容 導入による削減時間
残業時間管理
  • 人材情報と勤休情報から残業時間管理表を作成
  • 社員の残業時間および協定上限までの残業時間を集計
作業時間 30時間/月 → 0時間/月

30時間/月削減

残業時間管理

事例3|部品管理リスト改訂

活用事例 RPA化内容 導入による削減時間
部品管理リスト
改訂
  • 変更追加申請書より、部品管理リストに追加・変更点を自動反映
  • 部品管理リストより、「変更点説明書」と「部品管理リスト発行用」を自動作成
作業時間 270時間/年→ 0時間/年

270時間/年削減

部品管理リスト改訂

  • * 効果数値は当社調べです。

お問い合わせ

RPAについては、ご相談ください。

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる