ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

サービス提供範囲

サービス提供範囲

当社では、Linux PFを利用したお客さまが、直面した問題発生現場での“火消し”を数多く対応してきました。この“火事が起きた消化作業”で経験したノウハウを下流設計だけではなく、“火事を未然に防ぐ”ための上流設計までのトータルサポートをいたします。

近年、Linuxを採用した開発が数多く行われております。事例で紹介した通り、Linux PFを採用した開発では、『Linuxアーキテクチャの理解不足・利用方法の理解不足』による下流設計での問題や手戻りが数多く発生している状況です。問題や手戻りなど無駄なコストを削減するためには、上流設計でのシステムアーキテクチャ設計や、自身でのスキルアップのための活動が必要になります。
当社では、このような問題を打破すべく、以下のコンセプトでのサービスを提供しようと考えています。

サービスメニュー

提供サービス

提供サービス
開発フェーズ 対応メニュー 対応概要
企画・要求 仕様分析 アーキテクチャ設計 サポート 製品仕様に合わせたSoC及び周辺H/W選定、OS選定など 製品アーキテクチャのコンサルティング支援し、要件/課題の整理および解決方針検討
  実現性検証サポート リファレンスボードの開発・立ち上げと製品要件の実装方式設計・検証
開発・設計 OS移植 リファレンスボード⇒製品ボードへの移植開発
ブートローダ開発及び、基本ハードウェア部分の開発支援(CPU、DDR、PMICなど基本ハードウェア対応)
  技術支援サービス 高速起動対応/性能要件対応/機能実装方式/カーネルバージョンアップ対応の検討
  エンジニアリング サービス 製品仕様に合わせたデバイスドライバ、ミドルウェア、アプリケーションの開発
開発支援 性能改善支援 起動時間性能/グラフィックス性能/アプリケーション動作性能要件の改善
  障害調査支援 障害情報採取機能の移植・解析環境構築と各種カーネル障害/ドライバ障害/アプリケーション障害の解析支援
  開発環境導入支援 ハードウェア/ソフトウェア開発に必要な開発環境・SI環境の導入支援


導入サービス

導入サービス
フェーズ 対応 対応概要
PJ開発 開始時の場合 OSS利用にあたっての勘所やガイドラインを提供 当社が独自調査した内容を纏めたガイドラインの提供
人材育成 導入教育 OSS活用にあたって、OSSをディストリビューションするための導入教育

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
閉じる