ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

もう迷わない 上流文書であるべき道を切り拓く

上流文書作成サービスとは

『上流文書作成サービス』は、豊富な業務経験を積んだ当社のエンジニアが、お客さまに代わり要求仕様書などの上流工程文書を作成するサービスです。お客さまのエンジニアの負担を軽減するとともに、MBSE適用による開発効率の向上、ISO認定取得に役立ちます。

さらに、お客さまの製品開発全体をシステム思考のアプローチを用いて見直したいケースにも対応可能です。

*
MBSE: Model Based Systems Engineering

導入メリット

  • アウトソーシングによる開発担当者の業務軽減
  • MBSE適応を強力にサポート
  • 派生開発時の効率化

活用シーン

悩み:環境が無い要求・仕様が明文化されておらず、「あるべき姿」の検証ができない ▼

お答えします

ベースとなるソフトウェアの「要求・仕様」が不明確な状態のまま次機種の開発を進めると、『検証抜け、漏れ』が発生して手戻り工数が増大することがあります。
上流文書作成サービス」で「要求・仕様」と「検証すべき項目」を明確にすれば、上流工程への手戻りがなくなり、日程遅延を防ぐことができます。

悩み:環境が無い現行製品をベースに製品展開・海外展開をしたいが、要求仕様書・設計書がない ▼

お答えします

「仕様・資料」が無ければ、下流工程のアウトソーシング化もできず、費用増大の恐れがあります。
上流文書作成サービス」では当社のエンジニアが、お手持ちの情報をもとにリバースエンジニアリングを行い、ブロック定義図、要求図、ユースケース図などの要求仕様書・設計書として「可視化」することで、製品展開、海外展開やアウトソーシング化を容易にします。

悩み:資料が無い設計担当が要求仕様書・設計書を作らず退職しており、手元はソースコードのみ ▼

お答えします

引き継いだ担当者も、要求仕様書・設計書なしで不安を抱えながらの推測と分析では作業がはかどらず、工数が増大します。
上流文書作成サービス」は、経験豊富な当社のエンジニアがお手持ちのメモや今ある情報を元に要求仕様書・設計書を作成しますので、お客さまは作成された要求仕様書・設計書をベースにソフトウェア改修が行えます。

悩み:資料が無い製品の機能が複雑化し、開発の難易度が上がり、設計書の完成度が上げられない ▼

お答えします

機能が増えることにより、製品に関わる関係者が増え、さまざまな観点で設計をする必要があります。
そこで、MBSE適用実践サービスでは、システムズエンジニアリングの考え方を、モデルを用いて表現することによってふかん的にシステムを捕らえ、製品に関わる関係者内で共有を図り、設計書の完成度を向上することができます。

悩み:環境が無い上流工程には、さまざまなツールがあるが、どのツールを使えばいいのか分からない ▼

お答えします

当社では、さまざまなプロジェクトの中で、各種開発ツールを使用しています。
また、ツールベンダーとの協業も実施しており、その経験を生かし、お客さまに最適のツールのご提案が可能です。

その他、さまざまなご要望にお応えします。

ご案内

  • 仕向けごとに散乱している上流文書を体系的に整理したい
  • 先行開発を量産化したシステムの次世代開発に向けて要求を整理したい
  • 機能安全対応に向けて上流文書を整備したい
  • 下流工程(モデル作成)をアウトソースするために上流文書を作成したい
  • 歴代の要求仕様を文書化することでシステム変更に柔軟に対応したい
  • 必要とするソフト・ハードウェアが提示されるように上流文書を改善したい
  • 各部品の機能仕様書からシステム仕様書を作成したい
  • SysML/UMLから効率よくMATLAB/Simulinkにモデル化したい
*
SysML : Systems Modeling Language
*
UML : Unified Modeling Language

サービスの内容・当社の強み

サービスの内容・当社の強み

選べる3つのサービス、当社の強みを紹介します。

サービスご利用の流れ

サービスご利用の流れ

サービスご利用の流れを紹介します。

導入実績

実際の「お客さまの困りごと」に対しての、対応した事例を紹介します。

取組・活動

お客さまのシステムズエンジニアリング活用推進のため、各方面で業界と連携・活動しています。

お問い合わせフォームへ

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。