ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

SECURITY SHOW 2019 セキュリティショー

2019年3月5日(火)〜8日(金):東京ビッグサイト

SECURITY SHOW 日立ブース

開催概要

SECURITY SHOW ロゴ

会期:2019年3月5日(火)〜8日(金) 午前10時〜午後5時(最終日のみ午後4時30分終了)
会場:東京国際展示場「東京ビッグサイト」 東7・8ホール
主催:日本経済新聞社
後援:警察庁、公安調査庁、(独)情報処理推進機構、日本商工会議所、全国商工会連合会、日本貿易振興機構(ジェトロ) (順不同)
HP:https://messe.nikkei.co.jp/ss/

出展内容紹介

SECURITY SHOW 日立ブース

企業の事業継続性を高め、新たな価値を生み出すビジネスを加速させるには、セキュリティの進化が求められます。 今回は、“ お客さまの「もっと」にお応えする” をコンセプトに、「街の安全・安心」、「店舗・現場のセキュリティ+α」、「企業・組織の信頼を守る」のテーマについて、各種製品とソリューションのご紹介をいたします。

街の安全・安心

  • ・AI画像解析による人物発見・追跡 <参考出品>
  • ・ARおよび実映像によるデモ <参考出品>
  • ・移動制約者支援 <参考出品>
    白杖検知 デモ実演による紹介

AIを活用した画像解析技術により、高速に人物を発見・追跡できます。顔が映らない画像でも人物の検索が可能となり、防犯カメラ映像の確認作業の効率化を支援し、安全や安心に貢献します。

店舗・現場のセキュリティ+α

  • ・映像監視業務の効率化
    屋外型ワイヤレスインテリジェントカメラ <参考出品>
  • ・画像解析データのマーケティング活用

ネットワークカメラに、画像解析技術を搭載しインテリジェント化することで、セキュリティ強化と業務の効率化に貢献します。解析データはマーケティング支援にも活用可能な、進化する防犯・監視カメラを紹介します。

企業組織の信頼を守る

  • ・企業の信頼を守る:
    人・モノのIDと履歴の一元管理
    ・指静脈認証装置
    ・顔認証
    ・カラーバーコード
  • ・MRによる概要説明

入退室管理システムや防犯カメラなどのデータを活用し、ヒト・モノに付随するIDと履歴を一元管理。運用ルールの適正な実施を確認する仕組みにより、企業・組織のガバナンスやコンプライアンスの強化を支援します。

日立ブースの出展場所

ブースマップ

展示内容についてご興味・ご質問事項がございましたら、下記フォームをご利用ください。

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。