本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

終了しました

SCM・ロジスティクスソリューション セミナー

2012年12月4日(火)14:00〜16:00 開催

セミナー開催報告

セミナーの様子(2012年12月4日)

本セミナーは2012年12月4日(火)に開催しました。

セミナー参加者の方々には、ご好評の声をはじめ、たくさんのご質問・ご意見もいただき、今回も活発なセミナーとなりました。 今後も当社は【スマートロジスティクスソリューション セミナー】の開催を予定しておりますので、これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

〜日立の『調達物流ソリューション』で最適なトータルマネジメントを実現〜

ロジスティクスセミナー イメージ

昨今の変動激しい環境の中でも利益向上を求められる製造業界において、SCM(サプライチェーン・マネジメント)の強化は重要な課題の一つになっています。特に部材調達では、先般の震災や洪水災害を経験して、BCP対策と共に安定した在庫補充と確実、安心な調達手段を考えなければなりません。

今回のセミナーでは製造業のお客さまが抱えるSCMおよび調達物流の課題について、日立が提案する「調達物流ソリューション」を通し、在庫適正化の実現と生産と販売に直結したロジスティクスソリューションを事例を交えてご紹介します。

当社関係製品

開催要綱

日時2012年12月4日(火) 14:00〜16:00 (受付開始 13:30〜)
会場 当社東京本社
東京都台東区秋葉原6番1号 (秋葉原大栄ビル)
主催株式会社 日立産業制御ソリューションズ
共催株式会社日立製作所
株式会社日立東日本ソリューションズ
参加費無料(事前登録制)
定員40名
(定員になり次第、締切とさせていただきます)

プログラム

時間 演題
14:00〜14:10 開会のご挨拶
14:10〜14:40 「製造業の御客様が抱えるSCMの中での調達物流業務の課題」
製造業のお客さまに対するSCM(サプライチェーンマネジメント)の業務改革で直面した共通する問題構造と、 その中における調達物流の課題について、事例を交えてご紹介します。

株式会社日立製作所 ソリューション推進本部
産業エンジニアリングセンター
センター長 石野 智子

14:40〜14:45 休憩
14:45〜15:15 「過剰在庫、欠品防止の処方箋 PSIデータ活用による在庫適正化の実践」
経営効率化、キャッシュフロー改善の為には、在庫の適正化は重要な課題です。しかし、タイムリーに在庫の状況を把握し、 適正なアクションに繋げる事は容易ではありません。こうした課題に取り組み、在庫適正化の 成果をあげた実績事例の中から、今回は消費財、自動車、素材、医療機器メーカの事例をご紹介します。

株式会社日立東日本ソリューションズ
営業本部 副本部長 内海由博

15:15〜15:20 休憩
15:20〜15:50 「調達物流における配車計画・積付計画システムのご紹介」
JIT(Just In Time)納品時のミルクラン調達において、正確な納期管理と積載可否判断を可能とする配車・積付計画システムを事例を交えご紹介します。

株式会社情報制御ソリューションズ
情報システム第二本部 情報システム第四部
主任技師 川上明敏

15:50〜16:00 閉会のご挨拶

本セミナーに関するお問い合わせ先

株式会社 日立産業制御ソリューションズ 営業本部
ソリューション第一営業部
TEL:03-3251-7242 FAX:03-3251-7299

お申し込み
  • * 本セミナーは終了しました。 なお、今後の【スマートロジスティクスソリューション セミナー】については下記フォームよりお問い合わせください。

    セミナーに関するお問い合わせ