ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

生産実績を経営とリアルタイムに共有

製造業向けIoTソリューション

想定課題1

  • 紙運用では事務所で生産実績を手入力する必要があるため、リアルタイムで生産状況を把握できない。
  • 生産の進捗や作業時間などを見える化できないためボトルネックが把握できず、
    作業配分の見直しや人材配置などの最適化ができない。

製造実績収集による作業進捗の見える化。

製造実績収集による作業進捗の見える化。

適用ソリューション

期待効果

  • 生産遅延による機会損失の低減(欠品率の低減)。
  • 現場作業対策の迅速化(要因の調査作業時間の低減)。
  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。