ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

予備品在庫の適正化

製造業向けIoTソリューション

想定課題1

  • 予備品が個々の管理になっている為、どこに、どれだけの予備品があるのか把握できず、
    余剰在庫を抱えてしまう。
  • 安全在庫を意識せずに出庫をしてしまい結果として、予備品が不足することがある。
  • 棚卸し作業に目視確認などが必要で時間が掛かってしまう。

予備品管理作業の標準化により、予備品在庫の適正化や設備停止時間の短縮、
棚卸作業工数を削減。

予備品管理作業の標準化により、予備品在庫の適正化や設備停止時間の短縮、棚卸作業工数を削減。

適用ソリューション

期待効果

  • 予備品の余剰在庫を低減(その他製造経費削減)
  • 設備停止時間の短縮(停止時間の短縮)
  • 棚卸作業工数を削減(要員稼働時間の短縮)
  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。