ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ採用情報

message

社長メッセージ

“つながる世界”をけん引し、
豊かな未来を築いていくために。

私たち日立産業制御ソリューションズはこれまで、自動車や医薬・食品業界などにおける産業ソリューション事業、組込みエンジニアリング事業、セキュリティ・画像ソリューション事業、さらに社会インフラなど幅広い分野に対応するシステムエンジニアリング事業を柱に、ITとOT、つまり情報技術と制御技術を融合させた「デジタルエンジニアリング」を通して社会に貢献してきました。
現在、Connected Industryなどに代表される“つながる世界”が、始まろうとしています。すでに自動車分野では、自動運転などの制御技術と、常に社会とつながる情報技術が両輪となり、新たな取り組みが進んでいます。また、電子決済やシェアリングエコノミーなど、さまざまな分野でIoTやAI、ロボティクス、ビッグデータなどを活用した製品やサービスが続々と誕生しています。
もはや単体のモノの価値だけが語られる時代ではありません。モノ同士、モノと人、人と社会の新たなつながりの中で、今までにない新たな価値を創造していくことが求められています。
当社にはこれまでに培ってきた高い技術があります。基盤技術・モノづくり技術・システム構築技術・先端要素技術という、私たちが得意とする4つのコア技術をかけ合わせることにより、今まさに始まりつつある“つながる世界”を、先頭に立ってけん引していくことをめざしています。
その実現に向けて必要となるのは、お客さまや社会の課題を解決するためにさまざまなモノや技術を想像力豊かに組み合わせながら、今までにないソリューションを導き、ビジネスとして形づくっていくことができるエンジニアです。もちろん最初からそうした能力を備えた人はいません。当社は皆さんの成長をサポートする研修・教育の体制、共に高め合う組織風土、広く学ぶことができる事業フィールドを持っています。そうした環境で自らを磨きながら、豊かな発想力を持ち、ビジネスを創出できる新たな時代のエンジニアとして、成長していってほしいと願っています。
社会人として仕事をするということは、単に給料をもらうということではありません。仕事を通して社会に貢献し、未来を担う子どもたちが幸せに生活していくための社会の骨格をつくり上げ、受け渡していくこと。そして、仕事を通して自らを成熟させていくことです。
次の時代を担う気概を持って、ぜひ私たちの仲間に加わってください。

取締役社長
木村 亨
page top