ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

入退室管理システムと監視カメラとの連携

指静脈認証によるセキュリティ・ソリューション

指静脈認証システム・イメージ

指静脈認証によるセキュリティ・ソリューション

入退室履歴と監視カメラ映像のリンクで、問題把握と初動の迅速化を!

システム構成図

入退室管理システムと連携した共連れ検知装置や赤外線センサが脅威を感知すると、脅威レベル、場所、発生時刻、監視映像を『脅威の発生履歴』として記録します。
監視担当者は『履歴』から脅威発生時の映像を選択してすばやく確認できます。
脅威発生時の映像だけでなく、現在のライブ映像も並べて表示し、状況把握をサポートします。

・パトライトと連動し、リアルタイムに警備員へ異常発生を知らせる。
・録画した映像の中から「脅威の発生したシーン」を探し出す手間を省き、初動遅延を防ぐ。
・建物のレイアウト図を表示し、他の警備箇所の異常と合わせて視覚的に確認する。

利用例(イメージ)

  1. 警備室のパトライトが「警報:イエロー」を表示。
  2. 警備員が監視カメラの映像を見ると、管理対象のドアが開いたままになっていた。
  3. 履歴から発生時刻の映像を確認したところ、社員Aさんが持ちこんだ荷物がドアに引っ掛かって開いたままになっていることが判明。
  4. 現場に急行し、荷物を取り除き、Aさんに注意。

使用用途、業務

・入門ゲートなどと組み合わせ、入退場の記録と管理に。
・重要区画や情報セキュリティ事故防止など、ワンランク上のセキュリティに。
・共連れなどの不正入室の発見と指導に。
・万が一の情報セキュリティ事故の記録として。

導入実績

工場、金融業オフィスなど

お問い合わせフォームへ

資料請求 訪問デモ/ショールーム お問合せ
  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。