ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

S.COATBOX/DS:タイトルイメージ

「S.COATBOX/DS」は、拠点間の通信の暗号化により、たとえば「企業間ネットワークにおける本社・支社・工場の通信」などにおいてセキュリティを向上させ、盗聴や改ざんを防ぐことができます。
設置や設定の作業量も少なく、既存環境への大きな変更なしで導入することが可能です。

ニュースリリース:「S.COATBOX/DS」を販売開始(2017.10.20)

2017年10月20日:設置するだけでIoT機器などのデータ通信を保護。日立独自の「鍵付け替え技術」を搭載した暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を販売開始

ゲートウェイ通過データを自動で暗号化し、インターネット経路中の盗聴・改ざん防止

近年、IoTへの意識の高まりにより、従来は通信機能を備えていなかった機器への通信ニーズが増大しています。
製造業においても機器やシステムなどがインターネットを介してデータを共有し、相互制御を行うなどをして、生産性向上につなげる動きが加速しています。それに伴い、通信先として増加する機器やシステム間で共有するデータを保護し、安全で、運用管理においても利便性が高いセキュリティ対策の実現が求められていました。
当社ではこれらの要求へのアプローチとして、既存環境の大きな変更をせずにネットワーク内外のセキュリティ性を向上させるアプライアンス製品「S.COATBOX/DS」をご提案します。

「S.COATBOX/DS」暗号化イメージ

「S.COATBOX/DS」の特長

通信データの自動暗号化

通信拠点ごとにゲートウェイとして導入することで、拠点間通信を暗号化し、情報の漏えい・改ざんといったネットワークリスクから通信データを保護します。

暗号鍵をクラウドで一括管理し、管理負担を軽減

従来は暗号鍵の定期的な更新や、拠点増加時に新たな鍵情報を既設の装置に適用するなど管理者の作業負担が発生するという問題がありました。
「S.COATBOX/DS」では、端末の鍵情報をクラウド上で一括管理。端末が持つ鍵情報の定期的な更新なども自動的に行われるため、管理者の負担を軽減し、作業漏れによるトラブルも防げます。

初期導入、拠点追加・変更などをサポート

導入にあたり複雑な設定は不要です。容易な作業で運用を開始することができます。
設定変更が生じた場合も、親機となる「S.COATBOX/DS」で一元的に設定が可能ですので、管理負担を大幅に低減できます。

「S.COATBOX/DS」の運用例

[運用例1] 遠隔工場のFA制御情報保護

遠隔地の工場などと管理拠点を公衆回線等を利用して、「S.COATBOX/DS」で接続。
何らかの手段で通信を傍受された場合も、データ自身が暗号化されているため、生産情報やオートメーションの制御命令などの改ざんや破壊を防止します。
専用回線の整備を行わなくてもセキュリティ性を担保できます。

「S.COATBOX/DS」運用例1

[運用例2] 各種医療機関とのカルテなど連携

街のクリニックや薬局など、公共の医療機関と提携先総合病院などが持つ、カルテ、病状・アレルギー情報などのデータベース連携を行う回線を、「S.COATBOX/DS」で接続。
公共インターネット回線を用いることで設備費用の負担を低減できます。 WiFiアクセスポイントなどを併用してタブレット端末を使用する場合も、特別なアプリケーションは不要です。

「S.COATBOX/DS」運用例2

[運用例3] フランチャイズ店舗などの専用回線置換

コンビニなどフランチャイズ店舗と本社間の売り上げ情報やマスタ情報などの連携のため回線に「S.COATBOX/DS」を適用することで、公衆回線のままセキュア化を実現。専用線の敷設・利用コストを削減できます。
また、店舗の増築などに際しても、大きな設定変更なく適用できるため、IT機器の取り扱いに不慣れなオーナーさまでも対応することができます。

「S.COATBOX/DS」運用例3

「S.COATBOX/DS」のサービス・価格

「S.COATBOX/DS」のサービス・価格
名称詳細価格販売
開始
時期
S.COATBOX
/DS
S.COATBOX/DSハードウェア営業担当に
お問い合わせ
ください
2017年
10月
保守費ソフトウェア保守鍵管理サービス(必須)
一般問い合わせ・障害対応
(オプション)
ハードウェア保守センドバックによる修理対応

お問い合わせフォームへ