ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

印字検査機DPPシリーズ

Marking Inspection System "DPP series"

印字検査機DPPシリーズ

平成24年度の『関東地方発明表彰』を受賞

>平成24年度の『関東地方発明表彰 発明奨励賞』を受賞

「印字検査機DPPシリーズ」に関する特許が、社団法人発明協会主催の平成24年度『関東地方発明表彰』で「発明奨励賞」を受賞しました。

公益社団法人発明協会主催の平成24年度『関東地方発明表彰』ページへ

概要

日立印字検査機DPPシリーズは、当社独自の照合検査方式であるアジャスタブルマッチング方式(特許取得)で文字の大きさ・太さの変動に対応し、人間の認識に近い判定を行う検査機です。高い精度の高速画像処理が可能で、ビール・飲料業界に豊富な実績があります。 また、良品および不良品の全計測データの統計処理を行い、その処理データを基に検査条件の設定や精度の妥当性検証を行うことができます。 自動昇降機、排出機、遠隔自動型替機能などの周辺機器も各種取り揃えてあり、トータルシステムサポートを提供します。

検査原理

アジャスタブルマッチング方式は、インクジェットプリンタ(IJP)の印字特有の文字高さ変動と若干の文字書体の変動を許容する照合方式であり、最新の画像処理技術を組み合わせて印字検査を行なっています。

文字の照合は、不良要因を「ドット欠け」と「はみ出し(ドット飛び)」の成分で分析し、それぞれの成分に係数をかけて目的とする印字不良内容を強調しています。このため、不良品の検出率向上とともに、特に運用上問題となる良品限界値付近のムダバネ低減に威力を発揮します。文字書体の変動については、マルチフォント方式で対応します。

 
  登録辞書 1 2 3 4 5
項目 文字の大きさが変動した場合 図:文字の大きさが変動した場合 文字の太さが変動した場合 図:文字の太さが変動した場合 文字の欠損がある場合 図:文字の欠損がある場合 文字の汚れがある場合 図:文字の汚れがある場合 文字のゆがみ、傾きがある場合 図:文字のゆがみ、傾きがある場合
判定 - OK
常に大きさ正規化処理を実施
OK
太さを許容判定法を採用(特許)
NG
欠損重み判定法を採用(特許)
NG
汚れ重み判定法を採用(特許)
OK
複数辞書登録方式を採用

特長

  • 標準で毎分1200個、オプションで最大毎分2400個の検査ができます。
  • カメラは、最大3台まで接続することができます。
  • 検査結果は、良品・軽不良・重不良の3段階に判定でき、排出機の連動や軽不良・重不良ごとにライン停止条件を設定することができます。
  • カレンダー機能を利用して、製造日や賞味期限の自動設定ができます。
  • 不良画像を1000画像保存でき、不良原因の解析や辞書登録、検査再実行ができます。さらに、オプションのハードディスクに検査データや保存画像を蓄積することもできます。
  • 履歴管理機能、統計機能により、稼動状況の確認や保守作業後の復旧確認も容易に行うことができます。
  • ラインを止めることなく、検査中にパラメータの確認・調整を行うことができます。
  • センサーフィルター機能、エンコーダー対応機能、トラッキング機能、センサーチェック機能、照明監視機能など豊富な機能を装備しています。

検査項目例

 
正常な印字
図:正常な印字
ドット欠け印字 ドット乱れ印字
図:ドット欠け印字 図:ドット乱れ印字
ライン抜け印字 誤印字
図:ライン抜け印字 図:誤印字

印字例

 
ビール飲料缶 ペットボトル ボトル缶 缶詰
図:ビール飲料缶 図:ペットボトル 図:ボトル缶 図:缶詰

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。