ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

プレフィルドシリンジ用自動検査機HR

概要

シリンジ用自動検査機HRは、シリンジの異物と外観を総合的に検査する目的で開発されました。プレフィルドシリンジの外観検査項目は多岐にわたるため、多くのカメラを搭載できるように配慮された設計になっています。また、アンプル・バイアル用自動検査機と同様に、液中、液面、液底の異物を高精度で検出するため、すべての検査ステーションに高精度カメラを搭載しています。また、外観検査の技術には、画像処理メーカーとしての20年にわたるノウハウが投入されています。 プレフィルドシリンジの検査に顕著な問題として、泡による誤検知が多い傾向があります。その点に対しても、強力なプレスピン機構をオプションで用意し、誤検知の低減を図りました。

検査機搬送部
検査機搬送部

特長

検査項目

多様な検査項目に対応しています。また、異物検出精度の高いことはもちろんですが、外観検査のノウハウにも自信があります。

プレフィルドシリンジの検査項目例
プレフィルドシリンジの検査項目例

特殊照明を用い、コントラストの低いゴム栓に付着した白系異物を検出した例
特殊照明を用い、コントラストの低いゴム栓に付着した白系異物を検出した例

泡による誤検知を低減する強力なプレスピン機構

泡による誤検知を低減するために、検査ローターの前段に強力なプレスピン機構を用意しています。搬送部分の優れた設計力が可能にした機構です。

透過照明により、バレル傷を検出した例
プレスピン機構

仕様

 
機械仕様
型式 シリンジ用HR
検査対象物 瓶外径 Φ10〜30mm
瓶高さ 35〜120mm
処理能力 最大毎時18,000本
電源 200V 三相 35A
エアー源 毎分0.5〜0.7MPa 400NL
機械質量 約6,500kg(プレスピン含む)
検査項目(オプション含む) 高精細液中異物検査-1
高精細液中異物検査-2
高精細液面異物検査
液量・空気量検査
胴部検査
ゴム栓液噛み検査
ゴム栓異物打栓検査
ゴム栓上部検査
フランジ検査
ルアーロック検査
トップキャップ検査

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。