ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

アンプル・バイアル用自動検査機HR

概要

アンプル・バイアル用自動検査機HRは、アンプル・バイアルの異物と外観を総合的に検査する目的で開発されました。液中、液面、液底の異物を高精度で検出するために、すべての異物検査ステーションに高精細カメラを搭載しています。また、外観検査の技術には、画像処理メーカーとしての20年にわたるノウハウが投入されています。 搬送部、画像処理部ともあらかじめ兼用性を考慮した設計になっているため、小型容器と大型容器の兼用や容器形態が違うものの兼用も可能です。

検査機搬送部
検査機搬送部

特長

検査項目

液面、液底、液中異物検査のほか、さまざまな外観を検査します。

アンプル・バイアルの検査項目例
アンプル・バイアルの検査項目例

特殊照明を用い微細な焼焦を検出した例
特殊照明を用い微細な焼焦を検出した例

一時供給停止機構

供給コンベア上に容器が残った状態でも容器供給を一時的に停止させることが可能です。切り出しスターホイールと検査ローターの間に一時供給停止機構用のスターホイールを設置し、エアーの制御により容器が乗り移らない方式を採用しました。信頼性が極めて高い方式です。

一時供給停止機構

仕様

機械仕様
型式 アンプル・バイアル用HR
検査対象物 瓶外径 Φ10〜30mm
瓶高さ 35〜120mm
処理能力 最大毎時18,000本
電源 200V 三相 35A
エアー源 毎分0.4MPa 400NL
機械質量 約5,500kg
検査項目(オプション含む)   バイアル アンプル
A 高精細液中異物検査-1
B 高精細液中異物検査-2
C 浮遊異物検査
D 沈殿異物検査
E 付着異物・胴キズ検査
F キャップ巻締検査
G OPマーク検査
H キャップ形状検査 枝先検査
I キャップ色検査

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。