ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

高精細自動検査機HR(High Resolution)シリーズは、今、国内で最も信頼されている自動検査機の一つです。
年々高品質化が求められる医薬品の中でも、特に厳格な品質基準が設けられている注射剤(シリンジ、アンプル、バイアルなど)については、すでに従来の技術では対応しきれないほどハイレベルな検査が要求されています。
当社の高精細異物・外観自動検査機HRシリーズは、そんな製薬会社の品質基準に満足を与えるものであると同時に、薬を投与されるすべての患者さんの安全を守るために開発されました。

検査機操作部(タッチパネル方式)、検査機搬送部
左:検査機操作部(タッチパネル方式)
右:検査機搬送部

異物検査原理

容器自体に高速スピンを与えたあと停止させることにより、内溶液のみ動いた状態を作ります。
その直後、搬送されている容器の動きに追従しながらCCDカメラで連続で映像を取り込み、複数枚の映像の差分をとることにより、異物のみが特徴点として抽出されます。
このため、容器のキズや汚れ、水滴などの影響を回避して異物のみを不良として検出します。
この方式は、当社が画像処理メーカーとして培ってきた長年の照明技術、画像処理ソフト開発のノウハウにより成しえたものです。

導入事例

透析液のトップメーカーである扶桑薬品工業様の例をお客様へのインタビューも交えてご紹介します。

用途別製品ラインナップ

お問い合わせフォームへ

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。