ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

点検支援ロボット

点検支援ロボットとは

点検支援ロボットは、当社が開発したクローラー装置に点検用カメラを搭載したもので遠隔操作により、点検箇所の状況を動画や静止画でモニターに表示し、必要な画像を記録するものです。

特に狭く暗い状況に加えて、粉塵、害虫、酸素濃度低下など作業環境を悪化させる要因が多い家屋の床下の点検作業の場合、人にかわって点検支援ロボットを床下へ潜り込ませることで、作業者の負担を軽減し、床下の基礎・土台や各種配管の損傷状況の点検を『安全に』『確実に』『効率よく』、実施できます。

点検支援ロボットの機能・特長

点検作業者の安全を守る

暗く狭い床下などの点検は、点検作業者に身体的・精神的負担がかかります。粉塵、害虫、酸素濃度低下など作業環境を悪化させる要因が多い場所での作業は人体への影響が心配です。
点検作業者は安全な場所で点検結果をモニターで確認することができます。

オーナーさまの安心を守る

点検結果は、モニターでリアルタイムで確認できます。
オーナーさまも一緒に確認できるので、現場での説明が可能です。品質を確保し、オーナーさまの安心を守ります。

防湿シート上でも快適動作

当社が開発したクローラー装置で、防湿シートが敷設された家屋の床下でもシートを巻き込むことなく動作し点検作業をサポートいたします。(本クローラー装置は特許出願中です)

好評の操作性

1,500台超の導入実績がある「高所点検記録装置」で、ユーザーの皆様から好評をいただいている操作性をそのまま継承しました。
直感的に操作でき、導入後、現場作業でスムーズにご利用できます。

動画も静止画も

点検箇所を特定しやすい動画と調査報告書などドキュメントに利用できる静止画のどちらも記録できます。

狭小場所での点検が可能

点検作業者が撮影困難な狭小部分の点検が可能です。