ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

数種類のセンサーと専用ソフトを組み合わせたセンサーモジュールによって自己位置認識の精度を向上させる技術を紹介しました。建設・産業用の大型車両を安全に自律走行させるには、GPSの電波を受信できないような特殊な環境でも高精度に速度を検出し、自己位置を認識する必要があります。自己位置認識システムは、そのような条件を想定した技術です。
特徴は、ミリ波ドップラーセンサーで対地速度を測定し、それに加速度センサーや地磁気センサー、ジャイロセンサーなどの慣性センサーを組み合わせてデータの分析処理を行い、不確実性や誤差を最小限に抑制している点にあります。
展示では、車両模型と車両模型を使った自律走行のビデオによる紹介展示を行いました。
(協賛:日立オートモティブシステム株式会社)



こちらの技術に関するお問合せ

「その他組込み製品・システム:資料請求」にて承ります。下記よりお問合せください。