ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

3次元環境地図生成とそれを利用した自律走行技術について、ビデオによる紹介展示を行いました。2日目からは実機も展示し動作を目の前でご覧いただききました。
当社製品の、家屋の床下点検に用いられる『点検支援ロボット』を、自律走行させるために開発を進めている技術です。赤外線センサーと小型カメラには汎用的な部品を使い、3次元の周辺環境地図を生成して、生成した地図をもとに自律走行します。
狭い場所や暗い場所の点検がより効率的に行えるため、家屋の床下点検だけでなく、危険な建物や坑道の調査など用途への活用が期待されます。
会場では、センサーの試作キットによって生成される3次元環境地図の表示に関心が寄せられました。



こちらの技術に関するお問合せ

「その他組込み製品・システム:資料請求」にて承ります。下記よりお問合せください。