ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

Linuxのオープンソースを改良して、高速画像処理をソフトだけで実現しました。今回のデモ展示では、このプラットフォームと高速画像処理を活用してコンバートEVの車体に4台のWiFiカメラを搭載し、4つのカメラ映像をリアルタイムで一画面に合成し表示しています。
処理の遅延時間を確認するために、お客様はカメラに手をかざしたりして、ハード回路と遜色ない映像表示速度を確かめていました。
高速画像処理Linuxプラットフォームは、次世代自動車の安全と快適を実現するさまざまな機能での応用が見込まれます。



こちらの技術に関するお問合せ

「その他組込み製品・システム:資料請求」にて承ります。下記よりお問合せください。