ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

ラピッドプロトタイピングによる画像認識システム開発の効率化の事例として、インテリジェントドアミラーをコンバートEVに搭載し展示しました。
インテリジェントミラーとは、ドライバーが着席しハンドルを握る姿勢でドアミラーを覗き込むと、ドアミラーの中にあるカメラがドライバーと目の位置を確認して、ドアミラーをドライバーに最適な角度に自動調整するシステムです。
このインテリジェントミラー開発では、ラピッドプロトタイピング用に準備した、画像認識のライブラリーを使うことで、簡単にアルゴリズムのトライアルができ、さらに実機を使わずに、PCでシミュレーション検証を行ったことから、短時間で開発することができました。



こちらの技術に関するお問合せ

「その他組込み製品・システム:資料請求」にて承ります。下記よりお問合せください。