ページの本文へ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

画像認識技術を応用し、「映像」を「情報」として、お客様の製品やサービスに新しい価値を提供します。

ポイント

  • 短期間で開発が可能
    画像認識の標準的な処理をライブラリとしてあらかじめご用意
    【例】 円検知やニューラルネットワークなど
  • 認識アルゴリズムのカスタマイズが可能
    【例】 「標識を認識する」「特定の看板だけを認識する」など、ユーザー要望に応じた画像認識を柔軟に開発することが可能です。
  • 製品適用時の技術課題を解決
    映像処理/カメラ・センサー応用要素技術を組み合わせた、さまざまな応用・製品適用のサポートを提供します。

展示の工夫

開発事例「道路標識認識アルゴリズム」のデモンストレーションを通して提供サービスと製品適用例を紹介しました。

【参考出展】開発事例:道路標識認識アルゴリズム


出展協力:株式会社日立製作所

走行中の車載カメラ映像から道路標識を検出。

本アルゴリズムにより検出された制限速度等の道路標識情報を、メーターパネルに表示することで、ドライバーに安全運転を促します。

車載情報機器と連携して「安心・安全」に貢献!

展示リーフ

こちらの技術に関するお問合せ

「その他組込み製品・システム:資料請求」にて承ります。下記よりお問合せください。