ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

ACROVA GMM - SOLIDWORKS接続ソフト

3次元CAD設計ソフトウェア「SOLIDWORKS」

当社よりSOLIDWORKSをご購入いただいたお客さまに当社製2次元CAD「ACROVA GMM」からSOLIDWORKSに図面転送するツール「ACROVA GMM - SOLIDWORKS接続ソフト」を無償(※)で提供します。本ツールを使用すれば、SOLIDWORKS標準機能のdwg dxfデータのほかに、ACROVA GMMで読み込んだJw_cad図面データ、SXF図面データなども図面転送することができます。
また本ツールではモデリング中いつでも指定したスケッチへの図面転送することができます。

  • * 本ツールは、当社製2次元CAD「ACROVA GMM」が必須になります。
  • (※) 当社からSOLIDWORKS製品をご購入いただいたお客さまに無償でご提供します。他社からSOLIDWORKSをご購入されたお客さまへの、有償販売もございます。 技術サポートはACROVA GMM/DRAWMANサポートサービス(基本)を契約されるお客さまには接続ソフトの技術サポートもご提供します。詳しくは当社またはACROVA GMMをご購入いただいた担当の販売店さまへお問合せください。

SOLIDWORKS側からACROVA GMM側に3面図を出力できます

投影図に加え、これまで純粋な2次元CADだけの作図では困難だった「アイソメ図」なども瞬時にレイアウト。 製作指示に欠かせない注記や記号、図枠などの記入は使い慣れたACROVA GMMで行えます。

3面図イメージ

ACROVA GMM図面をSOLIDWORKS側にスケッチへ転送できます

ACROVA GMM図面イメージ

標準部品作成に

部品図の輪郭をSOLIDWORKSのスケッチへ転送。
SOLIDWORKSの強力な3次元化機能で標準部品をスピーディに作成。
作成した部品は“デザインライブラリ”に登録することで、必要なときにいつでもスピーディに利用可能。

標準部品作成イメージ

ACROVA GMMで作成した構想図をSOLIDWORKSで利用

2次元による構想設計も有用な手段。ACROVA GMMで構想レイアウトを作成し、SOLIDWORKSへ。
SOLIDWORKSにてレイアウト空間検討を実施することが可能。詳細設計はSOLIDWORKSの強力なトップダウン設計機能で実現、干渉などの不具合を確実に除きながら設計。

ACROVA GMMで作成した構想図イメージ

ACROVA GMMの詳細情報は以下のページをご覧ください。

資料のご請求、ご質問を承っております。お気軽にお問い合わせください。

  • * SOLIDWORKS製品は国外への輸出等が禁止されています。国外でご利用の場合、その国におけるSOLIDWORKS販売代理店で購入いただく必要があります。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。