ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産業制御ソリューションズ

保全業務において、PDCAサイクルを実現するために必要な機能を、オールインワンで提供しています。
(一部オプション機能も含んでいます。)

SmartFAMの機能・特長:台帳管理(設備台帳)、イベント(点検履歴、故障履歴)、計画(計画管理)、予備品(在庫管理、棚卸管理)、分析(統計・分析)、ロケ(ロケーション管理)、予算(予実算管理)、API(他システム連携API)、共通機能(ユーザ権限、ワークフロー、項目管理、変更履歴、アラート、帳票、CSV入出力、多言語対応)、タブレット(SmartFAM/Mobile、i-Reporter*1)との連携、設備稼働情報連携(トレンドグラフ、アラート)、他システム(Σ-Factory*2、ERP、MES)との連携。*1:「i-Reporter」は、シムトップス社の製品です。*2:「Σ-Factory」は日立産業制御ソリューションズのソリューションです。

台帳管理

様々な管理方法に対応

  • 設備の構成情報に合わせて設備データを階層立てて管理できるなど、
    多種多様な台帳情報の管理に対応可能です。

タブレット機能

タブレットによる作業効率化

  • タブレット機能を用いて、作業記録作業の効率化および精度向上を実現します。
  • i-Reporterとの連携も可能なため、既存の帳票を変えることなく作業実績の登録が
    可能です。

予備品管理・
棚卸機能

予備品在庫の適正化

  • 予備品の入庫/出庫/棚卸の管理ができ、拠点間で予備品の在庫情報の共有が
    可能です。

設備稼働データ管理

稼働実績との連携

  • 設備保全情報に加えて設備稼働情報を蓄積することで、設備異常をすばやく
    周知します。

予算管理 /
分析ツール連携

保全業務の高度化

  • 保全費用の予算と実績を管理することができます。
  • さらに、分析ツールと連携することで設備保全業務に関する各種分析を実現します。

システム構成

要件に合わせて、オンプレミス型/クラウド型のシステム構成の選択が可能。

本格的な設備保全管理のシステム化を実現したいお客様向け

[オンプレミス型]お客様管理のサーバ上に、SmartFAMを構築する構成。お客様要件に合わせた細やかな設定が可能。(お客様の本社・データセンターに設置の自社専用サーバにSmartFAMを構築。イントラネットで各事業所(事業所1、事業所2、…)と接続。SmartFAMにクライアントPC、タブレット端末、ハンディ端末でアクセス。)

まずは手軽に設備保全管理を始めたいお客様向け

[クラウド型]AWS(Amazon Web Services)上のSmartFAMサービスを、月額課金で利用いただく構成。最低限の初期投資コストで利用開始が可能。(AWS上のSmartFAMにインターネットで本社、各事業所(事業所1、事業所2、…)と接続。SmartFAMにクライアントPC、タブレット端末、ハンディ端末でアクセス。