ページの本文へ

Hitachi

日立産業制御ソリューションズ

CASE STUDY作業効率・品質向上支援
ソリューション

作業員ごとの動線を見える化し、
現場作業効率と品質向上を支援

施設例工場(製造ライン)

カメラ映像から読み取った作業員が身に付けているカラーバーコードのIDと画像解析にて作業員の動線を検出したデータを組み合わせ、作業員ごとの作業時間を見える化します

課題と解決策

作業員の作業効率を見える化したい
作業動線の可視化を自動化・データ化し、効率良く行いたい
またその結果より、作業員の最適リソース配置を検討したい
検査品質の向上を図りたい
標準検査時間に対して、検査時間が短くないか、長すぎていないかを見える化したい
また品質不良が発生した際の個人ごとの作業の実態を見える化したい
カラーバーコードと映像の紐付けにより
人の動線を見える化
作業員ごとにカラーバーコードを装着させ、作業員一人ひとりの作業実態・動線を把握
画像解析で検査エリア内の人の有無を検知し、自動で検査時間を集計
標準検査時間との従事率を算出
従事率が低く検査漏れの可能性がある場合には、カメラ映像をトレースして検証可能

改善の流れと見える化できる情報

移動ムダの明確化

レイアウト改善(お客さま)

対策改善の効果を見える化

動線データ

作業員の移動データを収集

滞留データ

作業時間を収集

混雑度

マップで滞留地点を把握

移動距離

移動距離をレイアウト改善前後に定量的に比較

活用例作業員ごとの実績データを見える化

作業員ごとの実績データを見える化することで、作業員の作業実態、
作業エリアを離席する原因を把握、作業の効率化、品質向上を図ることが可能です

お問い合わせはこちら

製品の機能、仕様、導入方法、価格など
なんでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。