本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

株式会社日立産業制御ソリューションズ(取締役社長:燻R 光雄/以下、日立産業制御)は、公益社団法人発明協会主催の平成27年度関東地方発明表彰*1において、モニタリングシステムに適用する特許で「茨城県発明協会会長賞」、交通流シミュレーションシステムに適用する特許で「発明奨励賞」を受賞しました。日立産業制御は7年連続*2の受賞です。

*1
優れた技術やデザインを生み出した技術者や研究開発者に対し、その発明・創作が地域産業にいかに貢献しているかという観点から、全国を8地方(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州)に分けて地方発明表彰を実施しています。
*2
日立産業制御ソリューションズは2014年から2年連続受賞。2009年から2014年は株式会社日立製作所グループ会社再編に伴う合併前の株式会社日立情報制御ソリューションズで5年連続受賞。

賞状。関東地方発明表彰式風景

表彰式は、2015年11月13日に公益社団法人発明協会、関東経済産業局および、特許庁など多数の関係者のご出席のもと行われました。

日立産業制御は今後も優れた発明を創出し、みなさまに安全・安心をご提供できる製品開発に活かしてまいります。

受賞関連製品

 (1) モニタリングシステム (茨城県発明協会会長賞)

図1 自由自在なモニタリングを可能にする旋回機能と高精細映像(イメージ)
図1 自由自在なモニタリングを可能にする旋回機能と高精細映像(イメージ)

本発明は、水平、垂直方向へ自在に可動する旋回機能により、広範囲にわたってモニタリングできるシステムに使用されています。また本システムは、広い駐車場などでもカメラから遠い位置にある車のナンバープレートや人物の顔、特徴、その他不審な挙動なども鮮明にキャッチします。駐車場ほか野外のイベント会場や物流センターの倉庫内など、広いスペースでその実力を存分に発揮します。

(2) 交通流シミュレーションシステム (発明奨励賞) 

図1:「HX シリーズ」装置外観(イメージ)
図2 交通流シミュレーションシステムの適用範囲

本システムは、渋滞解消のための道路改良計画の事前評価や、新規集客施設建設にともなう交通渋滞の事前評価など、車が道路を走行することで発生する課題への対応策を評価できます。 また、車両1台ごとの挙動を模擬するミクロモデルの採用で、渋滞の複雑な動きをきめ細かくシミュレーションすることができ、お客さまに最適な交通流評価を提案いたします。

お客様お問い合わせ先

モニタリングシステム

株式会社日立産業制御ソリューションズ
セキュリティ事業企画本部 ソリューション企画部 [担当:山下]
〒170-8466 東京都豊島区東池袋四丁目5番2号
TEL: 050-3133-5062 (直通)

交通流シミュレーションシステム

株式会社日立産業制御ソリューションズ
営業統括本部 第一営業部 [担当:大久保]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号 秋葉原大栄ビル
TEL:03-3251-7242 (直通)

報道機関お問い合わせ先

株式会社日立産業制御ソリューションズ
企画統括本部 経営戦略本部 経営戦略部 広報・渉外グループ [担当:増淵]
〒110-0006 東京都台東区秋葉原6番1号
TEL:03-3251-7521 (直通)

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
  • * このニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は発売日現在の情報です。 予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。