本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、SAP SE社(以下、SAP社)の次世代エンタープライズソフトウェア「SAP® S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」の導入支援ソリューション(以下、本ソリューション)を10月1日から順次提供開始します。

本ソリューションは、日立グループ12社(*1)の総力をあげて開発したもので、専門コンサルタントによるコンサルティングや各業種向けに最適化したテンプレートをはじめとする独自ツールを活用し、導入に関する計画策定から運用、保守までを支援するワンストップサービスを提供します。今後、日立は、専門コンサルタント約1,000名のレベルアップと体制強化を進め、2018年度には1,500名規模の体制で「SAP S/4HANA」関連ソリューションを提供していきます。

*1
株式会社ニッセイコム、日鉄日立システムエンジニアリング株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立インスファーマ、日立SC株式会社、株式会社日立コンサルティング、株式会社日立産業制御ソリューションズ、株式会社日立システムズ、株式会社日立ソリューションズ、株式会社日立ハイシステム21、株式会社日立ファルマエヴォリューションズ、株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ (五十音順)

近年、企業ではITシステムを、会計処理や生産管理など基幹系業務の効率化に留まらず、事業の成長に貢献する新たな付加価値の源泉として活用することへ関心が高まっており、経営課題として認識されつつあります。

こうしたニーズに応え、SAP社が2015年2月から提供開始した「SAP S/4HANA」は、インメモリプラットフォーム(*2)「SAP HANA®」をデータベースエンジンとし、膨大なデータの高速処理や分析を実現します。
また、関連する各種システムとのシームレスな連携により、企業内に蓄積されたデータを活用して経営・事業戦略へ迅速に反映することが従来以上に容易になりました。

*2
インメモリプラットフォーム:メモリ上で高速なデータ処理を実現するソフトウェア

日立は、1994年にSAP社と日本国内におけるパートナーシップ契約、2008年にグローバルサービスパートナー契約を締結し、SAPソリューションをグローバルに展開してきました。
また、2011年にはSAP社の本社内に「日立-SAPコンピテンスセンター」を開設し、SAPソリューションに関する最新技術をいち早く検証する体制を整えました。そして今回、日立グループ12社(*1)が、国内外において日立グループが培ってきたSAP関連ノウハウや最新技術に関する情報をもとに、本ソリューションを開発しました。

本ソリューションでは、SAPソリューションを活用した豊富なシステム構築経験や高いスキル、ノウハウを有するSAPソリューションコンサルタントが、「コンサルティング」「システムインテグレーション」「アプリケーションマネジメントアウトソーシング(*3)」「プラットフォーム」の4つの分野において、「SAP S/4HANA」への移行や新規導入に関する計画策定からシステムの運用、保守までを全面的に支援します。

*3
アプリケーションマネジメントアウトソーシング:業務システムの運用を専門の業者に外部委託すること

今後、日立は、エキスパート教育カリキュラムを通じてSAPソリューションコンサルタント約1,000名のレベルアップと体制強化を進め、2018年度には1,500名規模で、より高品質な「SAP S/4HANA」関連ソリューションを提供していきます。

SAP S/4HANAの導入支援ソリューションのサービスメニューの概要

  1. コンサルティング
    お客さまの現在のシステム構成・運用状況の調査、お客さまの事業計画や業務内容といったビジネス上の要件に応じた「SAP S/4HANA」活用方針の検討、将来的なバージョンアップなども視野に入れた具体的なシステム構築の計画策定などを行います。
  2. システムインテグレーション
    「SAP S/4HANA」と日立独自のツールを活用した効率的なシステム構築を行います。具体的には、「SAP S/4HANA」を用いたシステムの導入方法論「HFusion for SAP® S/4HANA」のほか、組み立て・プロセス製造業などの業務プロセスを反映したテンプレートを活用します。その他、システム画面のカスタマイズなどユーザーエクスペリエンス(UX)強化やデータ分析を行うための支援ツールも用意しています。
  3. アプリケーションマネジメントアウトソーシング
    「SAP S/4HANA」導入後の効率的かつ効果的な運用・保守を行うAMO(Application Management Outsourcing)サービスを提供します。
    すでにSAPソリューションを利用中のお客さまには、既存システムから「SAP S/4HANA」への機能拡張に向けた事前のシステム検証や各種アプリケーションの移行、保守などのサービスを提供します。
    また、「SAP S/4HANA」を新たに導入予定のお客さまにも、導入後の機能拡張なども含めた支援を行います。
  4. プラットフォーム
    「SAP S/4HANA」が動作するプラットフォームとして最適な製品・環境を提供します。具体的には、SAP HANA向け統合プラットフォームの「Hitachi Unified Compute Platform for SAP HANA®」(*4)やクラウド環境のほか、「SAP S/4HANA」を活用したPoC(Proof of Concept)、システムの先行開発、開発・検証・本番といったシステム導入の各フェーズに対応して必要なプラットフォームリソースなど提供します。
*4
日立の高信頼なブレードサーバ、ストレージと「SAP HANA」を組み合わせ、事前検証を済ませた統合プラットフォーム製品

SAPジャパン株式会社 パートナー統括本部 統括本部長 宇都宮 隆二氏のコメント

SAPジャパン株式会社は、このたび日立がSAP S/4HANAの導入支援ソリューションを提供開始することを心より歓迎いたします。
日立は、1994年にSAP社と締結したパートナーシップに基づく協業開始以降、SAPソリューションをグローバルに提供してきた豊富な実績やノウハウを有しています。
今回発表されたソリューションは、「SAP S/4HANA」の展開をさらに加速するものと確信しています。
今後も、SAPジャパンと日立は、密接な連携のもとお客さまのビジネス革新を支援するITシステムを実現していきます。

SAP S/4HANAの導入支援ソリューションの価格ならびに提供開始時期

名称 価格 提供開始時期
SAP S/4HANAの導入支援ソリューション 個別見積 2015年10月1日

「SAP Forum 2015」での紹介について

日立は、2015年11月12日にザ・プリンスパークタワー・東京にて開催されるSAPジャパン株式会社主催の「SAP Forum 2015」において、SAP S/4HANAの導入支援ソリューションを出展・紹介します。

SAP S/4HANAの導入支援ソリューションに関するWebサイト

他社商品名称等に関する表示

  • SAP、記載されているすべてのSAPソリューションおよびサービス名はSAP SE社のドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。
  • その他、記載の会社名、ソリューション名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 エンタープライズソリューション事業部
エンタープライズパッケージソリューション本部 [担当:石井、加納]
〒140-8573 東京都品川区南大井六丁目26-2
電話:03-5471-2032(直通)
E-mail:mk-staff@itg.hitachi.co.jp

報道機関お問い合わせ先

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 広報部 [担当:原田、寺師]
〒140-8572 東京都品川区南大井六丁目27-18 日立大森第二別館
電話:03-5471-8900(直通)
E-mail:koho@itg.hitachi.co.jp

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。
  • * このニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は発売日現在の情報です。 予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。